カロリー半分!栄養士監修のダイエット宅配弁当B-Kitchenを口コミ

BEAUTY
スポンサーリンク

ダイエットするなら食事の見直しも大切。

ただ問題は、ダイエット食、ヘルシー食にしようと思っても、慣れるまでは自分で作るのが難しいということ。

献立考えるのも面倒だし。

何をどのくらいが適量なのか、健康的なメニューなのか、いまいち分からないですよね。

そんなダイエット食にお困りの方にオススメなのが、B-Kitchen(ビーキッチン)のお弁当。

楽もできるし、ダイエットメニューのコツを掴むのにおすすめです。

B-Kitchen(ビーキッチン)の特徴

B-Kitchenのお弁当は、栄養・美味しさにこだわったフィットネスジム監修の冷凍のダイエットお弁当です。

ダイエットご飯で欠かせないのが、PFCバランス

PFCは健康を維持していく上で、主なエネルギー源となる3大栄養素です。

PFCとは、タンパク質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbo)の頭文字から取っています。

  • Protein(タンパク質)
  • Fat(脂質)
  • Carbo(炭水化物)

ビーキッチンのお弁当は、たんぱく質多め、脂質少なめ、炭水化物少なめとダイエットに最適なPFCバランス。

脂質と炭水化物を抑えることで、通常のメニューよりも大幅カロリーオフです。

お弁当1つで、300〜500kcalとめちゃくちゃ低カロリーです。

一般女性の健康体型体重を指標に管理栄養士が献立を作っているので、栄養バランスはお墨付き。

B-Kitchenが提供するバランスの良い食事を続けることで、リバウンドしないように、健康的に理想の体型に近づくことができます。

ダイエットの為の食事といえば、食事が偏った内容になりがちですが、ビーキッチンは主食・主菜・副菜2種類の献立構成

初回のお弁当のラインナップは、コチラ。

  • チキンのクリーム煮
  • 回鍋肉
  • 鮭のチーズ焼き
  • 黒酢酢鷄
  • 鶏すき焼き

ダイエット中の献立で、中華やチーズ焼きだなんて!

美味しいけど高カロリーなイメージのメニューは、自分で作る時は絶対避けちゃいますよね。

ビーキッチンを食べたみた

ビーキッチンのお弁当を実際に食べてみました。

冷凍で届くので解凍して頂きます。

お弁当ごとに、電子レンジの温め時間が書いてあります。

鶏すき焼き弁当

鶏すき焼き弁当は、600Wで5分。

500Wなら7分です。

ビニール袋の端を5cmほど切って、レンチン。

サイズ感は、下敷きより一回り小さいくらいのサイズ。

コンビニのお弁当の容器より、一回り小ぶりです。

量はおかず多めで、ご飯少なめです。

容器のままでも良いですが、せっかくならランチ感を出すためにお皿に盛ってみました。

ワンプレートランチにすると、ダイエット弁当感はゼロです。

鶏すき焼き弁当の献立はこちら。

  • 玄米ご飯
  • 鶏すき焼き
  • 大豆のトマト煮
  • 卵とブロッコリーの炒め物
エネルギー439.4kcal
タンパク質28.8g
脂質11.7g
炭水化物53.8g

鶏すき焼きは、肉じゃがっぽい優しい味付け

鶏肉はふっくらしていてジューシーでした。

副菜の大豆のトマト煮が、期待を大幅に超えて美味しかった。

私は豆があまり好きじゃありません。

唯一、枝豆は好きです。

味というより、豆のぐにゃぐにゃした食感が好きじゃないんです。

大人なので食べられますが、自分では枝豆以外は決して調理しません。

そんな豆を避けがちな私にも、「もっと食べたいな」と思わせる逸品でした。

まず、ピリッと辛味があるトマトソースが美味しい。

そして何よりも、大豆の茹で加減が絶妙でした。

適度な歯ごたえを残した、絶妙な茹で加減。

大豆の美味しさを感じられる食感でした。

卵とブロッコリーの炒め物は、味はしっかり付いてますが、口当たりがさっぱりしてます。

炒め物というより、食べてる気分的にはサラダ感覚。

ダイエット弁当というくらいだから、淡白な味かな?と思いきや。

塩分控えめの薄味ですが、出汁が効いているのでしっかり味がします。

出汁やスパイスの味で満足感があるので、ダイエット食感はゼロです。

味わいはあるのに、塩分控えめで喉が乾かないので非常に良い。

外のお弁当や外食は美味しいけど、食後に喉が渇くことがしばしば。

喉の乾きがないので、減塩なのが実感できました。

鮭のチーズ焼き弁当

鮭のチーズ焼き弁当の解凍時間は、600Wで4分

500Wなら5分です。

鮭のチーズ焼き弁当の献立はこちら。

  • 玄米ご飯
  • 鮭のチーズ焼き
  • 鶏肉と南瓜の煮物
  • ひじきのごま酢和え
エネルギー418.1kcal
タンパク質30.2g
脂質11.9g
炭水化物46.4g

鮭には疲労や貧血を防止する栄養素が含まれているので、ダイエットの味方の食材です。

鮭のチーズ焼きには、ピーマンとコーンが入っていて、ピザのようで美味しかったです。

チーズありでも低脂質

鮭はパサパサせず、しっとりでした。

南瓜の煮物も、南瓜の甘みがしっかりしていて美味しかったです。

ひじきのごま酢和えに、大豆だけでなく枝豆があると彩りが綺麗

真似しようと思いました。

黒酢酢鶏弁当

黒酢酢鶏弁当の解凍時間は、600Wで5分

500Wなら6分です。

黒酢酢鶏弁当の献立はこちら。

  • もち麦五穀ご飯
  • 黒酢酢鶏
  • ささみとひじきの煮物
  • 卵と枝豆の炒め物
エネルギー456.1kcal
タンパク質25.5g
脂質12.4g
炭水化物58.4g

ダイエットの天敵、揚げ物料理が食べれるなんて。

黒酢がしっかり効いていて、大人な酢豚ならぬ酢鶏

パサパサと淡白になりやすい鶏肉がふっくらジューシーなので、豚肉じゃ無くても満足感があります。

私は玄米ご飯より、今回のもち麦五穀ご飯の方が好みでした。

もちもちプチプチしたもち麦の食感が、少量でも満足度をあげてくれます。

ささみとひじきの煮物も美味しかった。

ささみが入っているので、食べ応えもあります。

初めてお弁当食べた時は、少し量が少ない気もしましたが、3食目を食べる頃にはすっかり慣れました。

回鍋肉弁当

回鍋肉弁当の解凍時間は、600Wで5分

500Wなら6分です。

回鍋肉弁当の献立はこちら。

  • 玄米ご飯
  • 回鍋肉
  • 里芋のそぼろ煮
  • 卵とほうれん草の炒め物
エネルギー438.2kcal
タンパク質25.4g
脂質13.9g
炭水化物49.8g

カロリーが高めで、ダイエット中は敬遠しがちな中華料理

しかも、お肉たっぷりの回鍋肉。

とっても美味しくて、男性が好きそうなしっかりとした味付け

この回鍋肉に、ビールとか飲みたい感じ

本当にダイエット食として食べて良いのだろうか?と一瞬不安になるも、カロリーは500kcal以下

副菜の里芋のそぼろ煮は、さっぱりした味付けでこれも良し。

チキンのクリーム煮弁当

チキンのクリーム煮弁当の解凍時間は、600Wで5分45秒。

500Wなら7分30秒です。

チキンのクリーム煮弁当だけ、解凍時間が秒で刻まれてるのは気になるところ。

チキンのクリーム煮弁当の献立はこちら。

  • もち麦五穀ご飯
  • チキンのクリーム煮
  • ハーフオムレツ
  • 南瓜のそぼろ煮
エネルギー405.1kcal
タンパク質28.3g
脂質10.7g
炭水化物46.6g

クリームをたっぷり使用した鶏肉料理がメイン。

クリームソースは小麦粉を使うので、ダイエット中は避けちゃいますね。

クリーム・チーズを使っているのに、B-Kitchenのお弁当の中で一番低脂質という驚き。

低脂質で調理されているのに、クリーム煮はチーズのコクがしっかり。

ミルキーで深みのあるクリームです。

南瓜のそぼろ煮は、お肉があるからか、かぼちゃの煮物が苦手な人にも食べやすい。

私はかぼちゃのネチャネチャした食感がそんなに好きではないですが、このかぼちゃはサクサクしてて、食感が軽い

とっても食べやすいかぼちゃの煮物で、今まで一番好きかも。

使用しているのは、TAMAKIの23cmプレート。

リムがないので前面に盛り付けられて、ワンプレートにオススメです。

エンボス模様が、お料理が美味しく飾りつけしてくれます。

お値段も1,000円未満で手頃。

他のお弁当のラインナップは、こんな感じ。

  • キーマカレー
  • タラの焼き南蛮
  • 鶏チリソース
  • 鶏の味噌炒め
  • 肉じゃが
  • タンドリーチキン
  • 鶏の生姜焼き
  • 手作りトマトのチキンソテー
  • 鶏肉のケチャップ煮
  • 鮭のちゃんちゃん焼き

ダイエットメニューであることを忘れるような、充実の食事内容です。

定期コースの価格と解約条件は?

ビーキッチンの定期コースは5食セットで、初回1,058円(税込)

2回目以降は、5,443円(税込)です。

送料は770円(税込)です。

送料込みで2回目を考えると1食 1,200円程度。

でも、コンビニでお弁当やらドリンクなんか買っても900円弱くらいする。

ビーキッチンがヘルシーなダイエット食と思うと、トータル的なパフォーマンスは悪くないですね。

ダイエット弁当のおすすめポイントとB-Kitchenまとめ

ダイエットメニューを作るのは、慣れるまで結構難しいです。

以前、2ヶ月で7キロ落としました。

それまでは、胃下垂で太りにくかったのもあり、食べたい放題高カロリーな食事を摂っていました。

毎日お酒をガブガブ飲んで、夕食は2回。

(つまり、4食)

しかし、代謝が落ちて体が丸くなり、これはマズイぞと食生活を改めました。

完全に食べ過ぎが原因なので食事制限を始めたものの、それまでずっと野球部員みたいな食生活だったので、

何を食べたらいいのか

どのくらい食べたら良いのか

どんな調理ならヘルシーになるのか

全く分からず。

ダイエット食なんて、サラダチキンと茹でたブロッコリーしか浮かびませんでした。

素材だけじゃなく、調理や調味料次第で、カロリーカットができるなんて頭がなかったんです。

ビーキッチンのようなヘルシーなお弁当を食べると、真似する見本のレシピになって、調理のイメージやダイエット食の感覚が掴めます。

極端な食事制限でカロリーだけ減らす食事は、食事を緩めた時にリバウンドになるので、おすすめしません。

リバウンドだけじゃなくて、食事の喜びが減ってしまい継続も辛いです。

最低限のカロリーと栄養を摂る生命維持用のこなす食事なんて、寂し過ぎます。

「美味しく、楽しく」が一番。

PFCバランスの取れたビーキッチンのお弁当で、手軽に美味しくダイエット食に挑戦してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました