お取り寄せグルメを口コミ。18種類の和漢食材の火鍋でお家薬膳

LIFESTYLE
スポンサーリンク

火鍋が大好きなのでお家で作ってみました。

今回使った火鍋の素は、ZENROOM(ゼンルーム)の十八和漢火鍋スープ

火鍋大好きな割に、辛いものに弱くてお腹を壊しやすいので、「和漢」スタイルの火鍋ということで期待大。

薬膳レストランZENROOM(ゼンルーム)

ZENROOMは、東京・自由が丘にある薬膳レストランです。

「薬膳は、特別な日だけでなく、日常的に無理なく食べ続けられることが何より大切」 がコンセプト。

オーナーは大学院医学部にて免疫学研究の学位取得で、漢方薬剤師が薬膳メニューは監修の本格派です。

免疫力を上げる自然食材を使用し、身体を整えてくれる薬膳料理をメニューがお店で味わえます。

18種類の和漢食材で出来た火鍋

18種類の和漢食材で炊いた火鍋スープは、化学調味料、保存料、着色料、香料不使用

国産の烏骨鶏、煮干し、昆布、干し椎茸、2種類の魚削り節などから抽出した和出汁のスープがベース。

漢方薬剤師が監修した18種類の和漢、八丁味噌、香味野菜、XO醤などが配合されています。

  1. 陳皮
  2. なつめ
  3. 乾姜
  4. 小豆
  5. 金針菜
  6. クコの実
  7. 桂皮
  8. 山薬
  9. 夏草花
  10. 南蛮毛
  11. 八角
  12. はと麦
  13. 花椒
  14. へんず
  15. よもぎ
  16. さんしゅいゆ
  17. 高麗人参
  18. 紅花

火鍋を作ってみた

作り方の説明書にある、2〜3人前のオススメの具材と分量はこんな感じです。

  1. 火鍋スープ・・・・・・・3〜4袋
  2. アサリ・・・・・・・・・2パック
  3. ごぼう・・・・・・・・・1〜2本
  4. きのこ3種・・・・・・・各1パック
  5. 長ネギ・・・・・・・・・3〜4本
  6. しゃぶしゃぶ用豚肉・・・160g
  7. しゃぶしゃぶ用牛肉・・・160g
  8. 豆腐・・・・・・・・・・1丁

スープ一袋に対して、水またはお好みの出汁を120mlで希釈。

味の濃さを確認しながら、水や出汁を追加します。

今回の具材はこちらをセレクト。

  1. 白菜
  2. チンゲン菜
  3. きくらげ
  4. 舞茸
  5. しめじ
  6. 豆腐
  7. 長ネギ
  8. 豚バラ

お好みの具材を入れて、一煮立ちしたら完成。

鍋って火にかけるだけで良いから、楽。

辛味と和漢が融合した心地よく奥深い香り

優しい旨味と辛味です。

四川の火鍋とはちょっと違って、少々和風テイスト

納得の薬膳スープです。

八丁味噌がきいていて味噌の甘みで、まろやかな辛味。

いつも火鍋を食べるとお腹がぐるぐるしますが、その兆候も全くなし。

旨味はしっかりですが、塩味が濃くないので食べた後に喉が乾かず。

花椒の風味で、香りも豊かでスパイシー。

ほっこり体を温めてくれる薬膳火鍋。

和テイストならではの火鍋で、胃にも体にも優しい

大満足の火鍋でした。

鶏白湯スープで薄めなくても優しい辛味なので、辛さに強くない方にもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました