TOEIC600で外資に入れる?英語力低めで外資に転職した方法

ENGLISH
スポンサーリンク

日系から外資系企業に行きたい方。

「まずはTOEICのスコアをあげなくちゃ!」

と、意気込みはあるものの、日々をこなすことでいっぱいで、なかなか英語学習に時間が取れない方も多いですよね。

働きながら勉強するのって気力も体力もいりますもん。

私は外資を目指していた訳ではなく、たまたま外資に迷い込んだ身です。

転職した頃は、TOEICのスコアは600ぽっきり

当時のTOEICスコアは、決して高くはありません。

転職先外資は、帰国子女はもちろんのこと、留学経験がある人やマルチリンガルな方など、皆さんゴリゴリのハイスペック。

「そんな低いTOEICのスコアでも、あの会社入れるの?

と、当時のことを話すと、結構びっくりされます。

採用通った自分もびっくりでしたが、流れに乗ってしまえば、入れちゃうみたいです。

外資に行きたいけど、TOEICのスコアが思うように上がらなくて焦っている方。

TOEIC600でどうやって外資に流れ着いたのか、私の実体験をご紹介します。

こんな外資の入り方もあるんだな、と参考にして頂ければと思います。

当時の私の英語力はどれくらい?

高校2年生の時に英検2級を取ってから、私の英語力は完全に停止しました。

大学入学後は、英語の勉強やテストは全く縁がない日々。

ただ、学生時代は海外旅行に全力でバックパッカーも経験したので、旅行で使う英会話程度は出来てました。

あと、外国人に対してビビらない感じも多少あった。

恐らく、日本の公立学校で英語教育を受けた生粋の日本人の割には、旅行のおかげでリスニングとスピーキングはこなせている風でした。

あくまで、純ジャパで特化した英語教育を受けていない「割には」です。

一方、日本人が得意なはずはインプット系の基礎力はダメダメ

英語は受験科目ではなかったので、センター試験さえパスしたら良いやと、ふんわりしか勉強しませんでした。

多分、全体的な文法理解度や語彙力は、高一レベルくらいまででした。

知っている単語だけで誤魔化しながら伝える能力は、やや高かったかもしれません。

わかる人からすると、中身は本当に薄っぺらな感じの英語です。

外資系で働くには、致命的なくらい語彙力が低かったと思います。

ただ、外資に行く前いから仕事ですこーーーし、英語を使っていました。

そのおかげで、自分の仕事で使う一定のカテゴリーの単語については、かなりマニアックなものも知っていました。

当時を知るネイティブの友達にも、「普段はシンプルな単語で話すのに、たまにやたらと専門用語をはさんでくるよね」と、笑われてました。

「上司がすごいいじわるでさー。怖いよー。彼の存在は、公共の福祉に反すると思われる!」

みたいな感じ?

どこで覚えてたの?みたいな単語を突然ぶっこむそうです。

語彙の守備範囲がムラだらけ。

流れに身を任せたら外資に入っていた

転職を考えたときは、外資に行きたいとは思っていませんでした

ただ、「転職だしTOEICでもベタに受けてみるか」と一応は受験。

ちょぴっと問題集を前日にやって、テストを受けました。

結果は丁度600。

600って履歴書に書いて良いレベルなの?

と、そもそもそこから分からなかったので、ググりました。

一応、書いても良いらしい感じだったので、履歴書の資格欄に記載

仕事での具体的な英語経験は?

たまたま、仕事での英語を少し使った経験があったので、それが大きく転職に作用したと思います。

海外の商材を扱っていたので、海外とのコレポン翻訳海外から来客のアテンドが、私の英語を使うシーンでした。

文字にしたら仰々しいですが、ほんと大したことはしていません。

ほんと、大した内容ではないのです。

まとめるとこういう文言になりますが、中身はそんな英語技能いりませんでした。

コレポンと言っても

コレポンも普段は上の人がやっていました。

上に人が不在時で、急ぎの内容だったので代理でメール返信したら、

「英語できる?じゃあ、これから宜しく」と上の人の一部業務を請け負うことに。

とは言え、私が窓口でやり取りすることは、難しい交渉ではなく確認ベースの内容です。

込み入った話じゃないので、確認する内容もだいたい毎回同じ。

定型文的な感じで、使う表現は限られてました。

そしてツールはもちろんメール。

と言うわけで、特に英語学習についてお尻に火がつかない。

翻訳と言っても

続いて、翻訳。

海外から来る資料が全部英語なので、翻訳的なことをしていました。

おかげで、業界の英語での専門用語は覚えられました。

ただ、私が担当していた業務上で必要とされていたのは、どちらかと言うと日本語力

翻訳の精度はあまり重要ではありませんでした

当時のまだ精度が低い機械翻訳でも可なくらい。

100%正しく翻訳するのではなく、原文をベースに「いかに魅力的な日本語にするか」の方が必要でした。

と言うわけで、ココでも特に英語学習の意欲は芽生えない。

来客のアテンドと言っても

続いて、海外からのお客さんのアテンド。

来客のアテンドって言っても、下っ端だったので私が英語で喋り倒すことなんて全くありません。

コミュニケーションが取れたら、OK的な。

本社が海外で、本社からのビジター対応なら緊張感もあります。

私が対応したのは、海外の取引先の来客。

しかも、私の会社が商品を購入している側の立場でした。

ビジターもマーケット視察に来るものの、日本滞在を楽しみにしている感じな人が多かったです。

もちろん、上の方々は大変だったと思います。

まあ、下っ端は楽しく対応してました。

でも、質はどうであれ、内容をぎゅっとまとめると「海外からの来客の対応」なので、職歴書には実務経験としてそのように書きました。

正確には、ただの談笑な気がします。

と言うわけで、ココでも特に英語学習の意欲は芽生えない。

外資案件専門の転職エージェントから連絡が来る

日系のエージェントを登録していたら、ある日、外資専門のエージェントから連絡が来ました。

紹介されたのは、私がいた業界では超有名な会社でした。

思わず、目を疑う。

そもそも、外資のエージェントから連絡が来ることに驚き。

人生何が起こるかわからないものです。

私の英語力では絶対無理だと思いましたが、せっかくの機会なので記念受験的に応募することに。

絶対書類で落ちると思ったのに、自分でもびっくり。

書類が通り、トントン拍子で面接へ。

もちろん面接の時点でもまだ、記念受験モード。

「受かりたい」とも、「受かったら良いな」とも、思っておらず。

面接では、英語が苦手なことは正直に言いました。

面接の度に「英語苦手ですけど、、」と毎回伝えました。

何度目かの面接で、

「苦手ですか。じゃあ、英語で自己紹介してみてください」

と言われました。

ついに、英語が来てしまった。

ドキドキしながら、志望動機的なものをほんの、2文だけ英語で話しました。

コレが、私の人生初の面接で英語を話した瞬間でした。

そして、自分が一番びっくりな結果。

面接に受かってしまった。

英語が微妙なのになぜ受かった?理由を聞いてみた

受かった自分が一番びっくりしたので、エージェント経由で理由を聞きました。

募集職種の十分な実務経験があったから」だそうです。

「実務経験がある」かつ、「若手」が欲しかったそうです。

私の職種は、若手ではなかなか実務経験がある人が少ないので、そこがキーだったようです。

自分でも懸念していた英語のことも確認しました。

「実務で英語使っているし、意思の疎通は出来てたから、まあ、大丈夫だろう」とのこと。

「会社側が大丈夫だろう」って言ってるんだから、き、きっと大丈夫なんだろう。

ほんとかよって感じですが。

まだ実感が湧かないまま、ドタバタ入社することにしました。

その後、中に入ってから更に私の採用の経緯が分かりました。

前任者が超語学堪能で数カ国語話せる人だったけど、職種経験がなかったために実務で苦労したそうです。

じっくり育てる職場環境では全くないので、自分でこなしていかなきゃいけない。

そういった背景が反動になり、私の採用時は「英語力より職種経験だ」と傾倒していたと思われます。

ほんと、たまたま。

実務経験があれば採用基準の英語力をカバーできる

もちろん英語力もあって、実務経験があるのがベストです。

ベストですが、絶対条件ではないようです。

TOEICのスコアが基準に満たなくても、職種やポジションによっては実務を優先されることがあります。

特に、専門性が高い職種だと特にその可能性があります。

専門性が高い職種だと、経験者の分母が少なめなので、チャンスがあります。

会社側も100%の希望の人材が採用できなければ、英語力の条件を緩めることがあります。

興味があれば、まずはエージェントに登録して様子を見るのが一番です。

「外資に行きたいけど、まだ英語力が」

そう感じる方は、まずは日系の転職エージェントに登録して、スカウトの様子を見てみましょう。

入社後のストーリー

ここまでが、TOEIC600で外資に転職した流れです。

せっかくなんで、入社後のストーリーも少しご紹介します。

周りの英語レベルに圧倒される

流れに身を任せて外資系企業に入ったものの、

英語がポンコツで大変でした。

周りは英語がペラペラだけじゃなくて、他の言語までしゃべれる人がゴロゴロ。

「どんな人生歩んだら、そんな何ヶ国語も喋れるの?」

と、涙もちょちょぎれる。

ふわっと外資に入った自分を呪いました

が、入ってしまったから仕方ない。

毎日、合っているのかもよく分からないポンコツ英語で突き進みました。

私は英語の基礎が低かったので、そこが苦しかったです。

「聞いたらその単語の意味は分かるけど、使ったことがない」レベルなら実務で出会っているうちに慣れます。

私の場合は「そんな単語見たことも聞いたこともない」というレベル。

やっぱり、語彙力とかすごく大事でした。

ついに、英語を勉強する

仕方ないから、入社してしまったから、英語を勉強することにしました。

ついに。

ついに。

もっと早く始めればよかったのに。

20代半ばでやっとお尻に火がつきました。

やっと。

そして、なんやかんやで、現在はTOEICのスコアは900を超えました。

それはそれで、自分で再びびっくりです。

600だった頃は「TOEIC900は超英語できる」と思ってました。

到達して思うのは、全然まだまだ

英語の勉強は、永遠に終わらないと感じます。

知らない日本語が今でもたくさんあるのと同じですね。

うどん(饂飩)とか漢字で書けないし。

私のとある外国人のお友達は「うどん」が漢字で書けます。

「街で見たことないから、か、書けなくて良い!」と小さく反論しましたが。

TOEICにオススメの勉強

TOEICはテクニック的なところがあるので、「TOEICのスコアでは英語力は測れない」と言う意見もあります。

それも一理あります。

話す技能と書く技能のテストがないので、総合的な英語力は測りきれません

が、

ビジネス上で役立つ単語や表現が学べるので、転職を目指してのTOEIC対策は無駄じゃないと思います。

テクニックや消去法での回答では、ゲーム的に攻略できるもの(らしい)なので、本質的な意味で英語力は伸びません。

大切なのは、テクニックに頼らず中身を理解して問題を解けるようにすること。

そうするには、語彙力や文法力の底上げが必須です。

単語や表現力が広がり文法を正しく理解すると、TOEIC用の対策しなくてもスコアは成長します。

「昇進試験にとりあえずスコアが必要」など実際に英語を使用する可能性がないなら、テクニックで高スコアを目指すのも大ありです。

目的別です。

もし、実際に使う可能性も含めて英語を勉強するなら、基礎固めが後々とっても役に立ちます。

文法の復習に超オススメの一冊は、「一億人の英文法」です。

巷でもよく高評価を英語の文法テキストです。

本当にもっと早く出会いたかった」と思う参考書で、目から鱗でした。

文法とかふんわりして、なんとなくわかる単語だけで適当に喋ってた私は、一億人の英文法を読んだ後、反省しました

きっと今まで、私は意味不明な英語を話したり書いたりしてけど、みんな聞き手が優しいくて良い人だから、好意で理解する努力をしてくれていたんだな、って。

反省と感謝。

私の場合は、例えば冠詞。

冠詞は特に適当でした。

というか、冠詞の概念的な部分を理解していなかったので、勘や雰囲気でつけたり、つけなかったり。

日本語には冠詞がないから、私には冠詞のコンセプトからしてよく分からなかったのです。

1億人の英文法は、そういった英語特有の概念がとってもわかりやすく説明してあります。

教材としてだけでなく、文化的な読み物としても楽しめました。

語彙力強化には、「金のフレーズ」がオススメです。

語彙はあった方がいいです。

あるに越したことはない。

私は語彙のなさに苦しみました。

「高校や大学でちゃんと勉強したらよかった」と本当に悔やみました。

高校までの単語と文法を完璧にしていたいら、言いたいことは伝えられると思います。

まずは、自分が実際に業務で使う単語から覚えるのが一番記憶に残りやすいです。

TOEICを視野に入れるなら、包括的に効率よくTOEIC単語を網羅できる「金のフレーズ」がオススメ。

実際に話す際に役立ったのは「DUO」。

単語と表現を同時に学べるDUOは、丸暗記しても良い一冊です。

CDを聞いてDUOのシャドーイングがオススメです。

諳んじれるぐらいになっても損はない。

会話は2 wayです。

スピーチは一人で練習できますが、予定外のことが起こる会話には瞬発力が必要

実際に相手と会話をするなら、Bizmatesがオススメです。

ビジネス英語に特化していて、先生もビジネス経験がある人たち。

ビジネス英語全般はもちろんですが、経験職種などでフィルターもかけられるので、自分の目的、職種とより相性の先生とレッスンが受けられます。

英語の総合的なコミュニケーション力向上にオススメです。

業界や職種、ポジションにも寄りますので一概には言えませんが、

「外資に行くなら英語できた方がベター

コレが、私の実体験による感想です。

タイトルとURLをコピーしました