TOEIC600で外資に入社し、英語に絶望した私が800になる迄

ENGLISH
スポンサーリンク

TOEIC600で流れ身を任せて、外資へ行きました。

とりあえず入社したものの、周りの英語力に圧倒され、自分の英語力に絶望する日々。

英語が嫌いになり、トラウマにもなりながら、外資歴約2年半が経った頃。

「少しは私の英語は、マシになったかしら?」

と、力試しに3年ぶりにTOEIC受けてみました。

スコアは600から820に飛躍しました。

いやあ、思ったより良くて安心しました。

今回は、TOEIC600から800まで何をして英語力を伸ばしたのか、道のりをお話ししたいと思います。

ちなみに、受験直前にもTOEIC対策はしませんでした。

外資にTOEIC600入った経緯は、こちらでご紹介してます。

外資に入るも自分の英語がポンコツすぎて辛い

流れに身を任せたらトントン拍子で外資に入社が決まり、喜んだのも束の間。

周りは英語はペラペラで、バイリンガルならぬトリリンガルがゴロゴロ。

自分の英語のポンコツぶりに、絶望する日々でした。

「だいたいさ、どんな人生歩んだらトリリンガルなの?」

未だに、あんまりそのあたりの意味がわかりません(妬みひがみです)

私の場合はしっかりとした英語の基礎がなかったので、そこが大問題でした。

「聞いたらその単語の意味は分かるけど、使ったことがない」レベルなら基礎があるので心配いりません。

実務で出会っているうちに慣れます。

私の場合は「そんな単語聞いたこともない」というレベル。

仕事で使うような単語や表現力を、そもそも持ち合わせていない。

英語で「昨対何%」なんていうの?

英語で「利益相反」ってなんて言うの?

今までの人生で、見たことも聞いたこともなかったよ。

TOEIC800を超えるまでにやったこと

机に座っての勉強が苦手な私。

暗記が苦手な私。

単語帳開いても、5ページくらいしか進まない私。

そんなサボりたい欲溢れる私がとった方法は、こちらです。

同僚の英語を真似して覚える

私がとった方法は、同僚の英語の真似っこです。

みんな英語が出来るので、みんなが使う英語こそが教科書です。

みんなの英語を真似するのです。

メールの表現も真似、自分が入ってない会話でも英語の時は聞き耳を立てて少し盗み聞き

よく出てくる言い回しをとにかくパクりました

みんなが使っている英語は、正しい英語ですもん。

ない知識を掘り返して、ゼロから私が英文を考えるより確実なんです。

皆さんの言い回しを使っていれば、切り抜けられるはず。

そう思って、良く出てくる表現をとにかく真似っこしました。

家に帰ってから単語を覚えたり、英語の参考書を読んだりは一切しませんでした。

やれよ!と思うんですが、毎日の仕事でぐったりしてしまいそんな余力ありませんでした。

本当に、ぐったりでして。(言い訳です)

ほら、就業中はオンモードなので、家で続かない自学するより良いかなと思って。(言い訳です)

お家で週3回のオンライン英会話

インプットをサボる代わりにお家でしたことは、オンライン英会話です。

英会話の受講は、週3回

勘違いしないでくださいね。

オンライン英会話は、月額で毎日レッスンが受けれるものが多いんです。

私が使っていたBizmatesも月額制でした。

私が怠けの極みで、週3しかやらなかっただけです。

だって。。

気持ちが乗らない日もあるじゃん?

というか、乗らない日ばっかでした。

基本、気分なんて乗らない。

レッスン予約してみるんだけど、嫌になってしまってキャンセルしちゃうんです。

子供かって感じですが。

それくらい、仕事後に英語を話すことがストレスでした。

英語だと私はキャラが変わります。

というか、キャラを変えないと言語問わず会話が続かない。

会社でもスイッチ入れてます。

本当は根暗で内向的で丸出しです。

ですが、会社では朗らかに外向的に、外交的に仕事をしています。

なので、帰宅後に充電が一回切れます。

その後、英語バージョンのスイッチを入れるとなると、体力の消耗が激しいんです。

はい、言い訳です。

受講期間は週3を2年弱くらい?ですかね。

しばらく長期で休んだりとかもあって。。。笑。

そんなわけで、TOEIC600から800までにしたことはこの2点でした。

  • 同僚の英語の真似(会社)
  • オンライン英会話(家)

仕事で英語が必要なので、仕事で関わる部分だけをショートカットで強化するスタイルです。

そんな感じでも、スコアが伸びていたので嬉しい限りです。

ビジネス特化型オンライン英会話Bizmatesがオススメ

会話は2 wayです。

スピーチは一人で練習できますが、予定外のことが起こる会話には瞬発力が必要です。

実際に相手と会話をするなら、オンライン英会話が安いし楽です。

予約も直前まで出来るし、なんせお家で受けられるので移動時間の短縮になります。

オンライン英会話は色々とピンキリでありますが、私の場合は仕事で英語が必要だったので、ビジネス英語に特化したBizmatesを選びました。

テキストもビジネスシーンに特化していて、先生もビジネス経験がある人たち。

ビジネス英語全般はもちろんですが、経験職種などでフィルターもかけられるので、自分の目的、職種とより相性の先生とレッスンが受けられます。

英語の総合的なコミュニケーション力向上にオススメです。

オンライン英会話の効果を最大化する方法

オンライン英会話の効果を最大化する方法は、終わった後に復習することです。

レッスンで学んだ新しい単語や表現を復習して、自分のものに定着させることがとっても効果があります。

分かっていても私はサボってやりませんでした。

なので、何回も何回も同じ単語や表現が出てこないと覚えられませんでした。

分かっていてもやらない私が悪いのですが、当時の私は出席するだけで一杯一杯でした笑。

終わった直後に、ささっと見直すだけでも良いと思います。

オンライン英会話の効果を凝縮し最大化したい方は、復習がめちゃくちゃオススメです。

まとめ

他にもやったほうが良いことだらけですが、一気に負荷かけたら心折れてしまいます。

私のようにコツコツ単語帳を覚えたりするのが苦手な人には、この2点オススメです。

  • 同僚の英語の真似(会社)
  • オンライン英会話(家)

次回は、TOEIC800から900までの道のりをご紹介したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました