洋楽で英語学習。歌詞のディクテーションLyrics Training

ENGLISH
スポンサーリンク

「英語の勉強に飽きてきた。つまんなくなってきた。」

英語学習は、やり始めると正直言って際限がないです。

自分では上達も分かりにくいので、勉強中にモチベーションの壁にぶつかることもしばしば。

終わりなき英語の勉強に、意欲が下がってきてしまった方。

オススメしたい英語学習ツールがあります。

洋楽を聴きながら歌詞をディクテーションするゲーム「Lyrics Training」です。

やる気が湧かないときはいつもの勉強スタイルから一度離れて、洋楽のリスニングで、気分を変えながらな英語を身につけましょう。

歌詞のディクテーションゲーム「LyricsTraining」

「LyricsTraining」は、簡単で楽しいゲーム感覚の学習法です。

曲を選択して再生し、歌詞を聴きながら歌詞の欠けている部分を埋めていくだけです。

リスニングの理解力をすぐに向上はもちろんのこと、新しい単語や表現を学習して語彙を増やし、読解力が高まります。

歌詞に使われる単語はシンプルなものも多く、イディオムがたくさん出てくるので、日常会話の勉強にもなります。

しばらくの間、延々と続く単語リストを記憶して学ぶ方法は忘れましょう。

気楽に学びながら、耳から英語を身につけましょう。

選べる曲は豊富

曲は豊富です。

好きな曲をまずは選択しましょう。

レベルを選択

曲を選ぶと、ゲームのレベルを選べます。

レベルに合わせて、歌詞の虫食いの部分が変わります。

ディクテーションスタート

曲が流れます。

歌詞の虫食いのところに、聞こえた単語をタイプし埋めていきます。

こんな感じで曲を聴きながら歌詞をディクテーションするゲームです。

音のリダクションに耳が慣れるのと、歌詞だと新しい単語が記憶しやすいのでオススメです。

英語学習に煮詰まったら気晴らしに、ディクテーションゲームをやって、英語が興味を持った初期の頃の気持ちを取り戻しましょう!

「Lyrics Training」はブラウザとアプリ、両方で楽しめます。

Google Play で手に入れよう

英語は少しでも良いから毎日勉強とは言うけれど、継続こそが難しい。

上達が自分で感じにくいので、英語を勉強していて意味があるのか?と迷子にもなります。

気分が乗らないときもあります。

そんな時こそ、洋楽を聴きならが遊びながら勉強してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました