サングラスを長持ちさせるお手入れ方法|正しいケアでUV効果を延命

BEAUTY
スポンサーリンク

サングラスには寿命があり、5年と言われています。

お手入れ方法が悪いと劣化を早めて、5年も持たないことも。

UKカット効果を長持ちさせてサングラスの寿命を延ばすには、正しいケアが大切です。

今回は、サングラスの正しい扱い方、ケア方法をご紹介します。

サングラスのUVカット率を長持ちさせる方法は?

UVカット効果の観点により、サングラスの寿命には限りがあります。

メンテナンスをサボると、本来の寿命よりも劣化が早くなってしまいます。

正しくお手入れをしましょうで、寿命を最長化しましょう。

気をつけたいサングラス使い方は、こちらの5つです。

  1. 左側からたたむ

  2. メガネ拭きでレンズを拭く

  3. レンズは上向きにしまう

  4. 洗う時は水を使う

  5. ケースに入れて保管する

UVカット率とサングラスの寿命の関係は、こちらの記事でまとめてます。

サングラスの正しいケア:左側からたたむ

サングラスには、たたみ方があります。

「左から」たたみましょう。

左側のテンプル(つる)から先にたたみ、右側が上にくるようにたたむのが、正しいたたみ方です。

この左からたたむルールは、サングラスだけでなく眼鏡も同じです。

これは、右利きの人が多いため、かける際の手の動作を考えて設計されているからです。

右からたたむと、左右のテンプルの間に隙間ができ、この状態でしまうとサングラスに負担がかかり、歪みの原因になってしまいます。

なので、サングラスは左からたたみましょう。

ただ最近は、事情も変わってきているようです。

左右で設計の差がなくなってきていて、右からでもたためるブランドもあるようです。

購入時には、たたむ際の左右差について、一応確認しておきましょう。

サングラスの正しいケア:レンズはメガネ拭きで拭く

サングラスのレンズは、メガネ拭き専用クロスで拭きましょう。

ついつい、手元にクロスがないと、洋服やハンカチなどその辺の布で拭ってしまうんですが、これもNG。

レンズには、サングラスに一番大事なUVカットコーティングがされています。

洋服やティッシュなど繊維が粗い生地でレンズを拭くと、レンズのコーティングを痛めてUVカット効果を下げてしまいます。

「すぐ手元にクロスがないから」といって、横着は禁止です。

サングラスの正しいケア:レンズは上向きにしまう

レンズは上向きにしまいましょう

レンズ部分を下にして置いてしまうと、傷が付いてUVコーティングにダメージが出来ます。

サングラスを外してケースに入れず置く場合は、レンズを上に向けて置いて、レンズ部分に傷がつかないように気をつけましょう。

サングラスの正しいケア:洗う時は水を使う

サングラスを洗う時は、お水にしましょう。

皮脂なども落とせそうでお湯にしたい気持ちも分かりますが、お湯だとレンズのコーティングがはがれやすくなります

また、洗剤などの使用もNGです。

お水で洗い流した後は、綺麗な専用のクロスで優しく水分を拭き取りましょう。

サングラスの正しいケア:ケースに入れて保管する

サングラスは、温度と湿度に弱いので保管場所に気をつけましょう。

高温多湿を避けて、使用しない時はケースに入れて保管しましょう。

出し入れの導線が良いからやりがちなのが、車での保管。

車の運転時にサングラスをかけるから、置いておく場所としては便利ですよね。

しかし、特に夏の車内は猛烈に暑いので、サングラスの保管場所には不向きです。

温度湿度が高い車のダッシュボードに入れっぱなしはNGです。

まとめ

以上が、サングラスの正しいケア方法でした。

サングラスのケアのために、特別用意するものはありません。

習慣だけです。

正しいメンテナンスで、お気に入りのサングラスの寿命を最長化してあげましょう。

  1. 左側からたたむ
  2. メガネ拭きでレンズを拭く
  3. レンズは上向きにしまう
  4. 洗う時は水を使う
  5. ケースに入れて保管する

タイトルとURLをコピーしました