洋楽で覚える英語表現「like a moth to a flame」意味と使い方は?

ENGLISH
スポンサーリンク

洋楽歌詞で覚える英語シリーズ。

本日はlike a moth to a flame

海外ドラマやドキュメンタリーなど観ていても、ちょくちょく耳にします。

like a moth to a flame

like a moth to a flame」は、

直訳すると、「蛾が炎に引き寄せられるように」。

この表現は、直訳のままでも良いんです。

大事なのは、映像です。

  1. 蛾が炎の明るさに引き寄せられる





  2. 結果、飛び込んだ先は火で焼け死ぬ

つまり、「飛んで火にいる夏の虫」という訳です。

「飛んで火にいる夏の虫」とは、

昆虫が炎の光につられて飛び込み、身を焼かれてしまうように、

自ら進んで危険な場所などに飛びこんでいくこと。

吸い寄せられるように近づいて、そのまま「自滅」する感じをイメージすると良いですね。

like a moth to a flame

[ 飛んで火に入る夏の虫 ]

Shawn Mendes「Stitches」

Shawn Mendes – Stitches (Official Video)

Shawn Mendesの「Stitches」。

ひどい振られ方をして、ズタズタな気持ちを歌った曲です。

Just like a moth drawn to a flame

Oh, you lured me in, I couldn’t sense the pain

Your bitter heart, cold to the touch

Now I’m gonna reap what I sow

I’m left seeing red on my own

Stitches by Shawn Mendes

炎に飛び込む蛾のように

君に引き寄せられた

痛みに気づけなかったよ

君の心は意地悪で触れると冷たい

自分で蒔いた種は回収しなきゃね

自分に怒りを感じるよ

身を滅ぼすような恋に飛び込んで、傷つけられてしまった訳ですね。

ショーンメンデスは、奔放な女の子に振り回される歌が多いのは気のせいだろうか。

洋楽は、英語表現の宝庫です。

曲のイメージも含めて覚えると記憶に定着しやすいので、洋楽は本当にオススメです。

色男ジョーイも使う

大人気シットコム「フレンズ」で、モテ男のジョーイもこの表現を使います。

Friendsシーズン6 第7話。

Joey:Look, what am I gonna do? I’m not flirting, but still, I’m drawing her to me like, like a moth to a flame! 

ジョーイ:なぁ、俺はどうしたらいい? 俺は誘ったりしたりしてない!けど、彼女が寄って来ちゃうんだよ、炎に寄ってくる蛾みたいに!

俺にその気がなくても、あっちが勝手に寄ってきちゃうんだよ、みたいな。

「蛾みたいに引き寄せちゃうんだ」ということ。

Gホイホイならぬ、Girlsホイホイ。

さすが、モテ男ジョーイです。

「Like a moth to a flame」

意思とは関係なく強く引き寄せられる時には、

恋愛以外でも使える表現なので、会話で使ってみましょう。

フレンズは、日常会話の勉強にとっても良い教材です。

私は仕事でしか英語を使わなかったので、日常会話が本当に苦手でした。

フレンズを観まくって、カジュアルな表現がかなり身につきました。

時代背景は今とは違いますが、日常会話の勉強にはとってもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました