デリケートゾーンゾーンの黒ずみ色素沈着の原因と自宅でできる対策は?

BEAUTY
スポンサーリンク

普段見えないけれど女性を悩ませるのがデリケートゾーン黒ずみ、色素沈着

清潔にしていても不衛生に思たり汚らしいと感じてしまったり、デリケートゾーンの黒ずみは本当に女性本人にしてみたら精神的ストレスでしかないですよね。

今回は女性を苦しめるデリケートゾーンの黒ずみ色素沈着の原因と、自宅で出来る黒ずみ対策をまとめました。

デリケートゾーンの黒ずみが出来る原因は?

女性を悩ませるのがデリケートゾーン黒ずみが出来る原因は何でしょうか?

原因は一つではないので、一つずつ潰していきましょう。

黒ずみの原因① ホルモンバランスの乱れ

女性の体はとてもデリケートにできていて、女性ホルモンが体や心にいろいろな影響を与えます。

エストロゲンとプロゲステロンがきちんと分泌されないとニキビや肌荒れができたり、生理不順や更年期障害や不妊の原因になる可能性もあるなど、女性の体に大きく関係します。

そんな女性ホルモンですが、バランスが乱れるとデリケートゾーンが黒ずむことがあります。

もし妊娠や出産時が原因なら時間とともに自然に元に戻りますが、生理不順が原因で起きる場合は大元の生理不順の原因を解決しなければなりません。

その場合は婦人科を受診し、体の不調を整えましょう。

黒ずみの原因② 自己処理によるダメージ

よく起こりやすいのが、デリケートゾーンを自分でケアするときにできるダメージです。

シェーバーやカミソリなどで肌を刺激すると、防御反応によりメラニンを生成して黒ずみを作ってしまうことがあります。

また、毛抜きで毛を引き抜いたときには、毛穴に雑菌が入り込み炎症を起こすこともあります。

デリケートゾーンはほかの肌に比べて繊細にできていますので、自己処理すると肌にダメージを与えてしまうと、肌がごわついたり硬くなったりします。

ムダ毛の処理方法は見直しましょう。

黒ずみの原因③ かぶれ・ムレ・炎症

デリケートゾーンは蒸れやすく、ニキビやかぶれになりやすい場所でもあります。

ニキビ跡やナプキンかぶれなどは色素が沈着する原因になることが多いので、見つけたら早めに治すことが先決です。

炎症を起こした場合は、酷くなる前に我慢せずに病院で相談しましょう。

治るまでの間は患部がかゆくなることもありますが、掻いてしまうと大きな傷になり色素沈着を引き起こすこともあるので、こちらに関してはなるべく我慢です。

黒ずみの原因④ 下着や洋服の摩擦

日常的には着ている下着や洋服の摩擦も、デリケートゾーンの黒ずみに繋がります。

むしろ、下着による黒ずみが一番の原因では?と思うほど。

歩いたり座ったりの一つ一つの動作でも、デリケートゾーンと下着が触れ合い刺激を与える機械が圧倒的に多いからです。

下着にはゴムが使われており、その締め付けによって肌が擦れます。

また、下着は合成繊維素材が採用されていることが多いので、敏感肌の方は素材自体でも肌に負担がかかって黒ずみを引き起こしている場合があります。

下着だけでなく、サイズの小さいジーンズを履くときにも注意です。

毎日の生活でできるデリケートゾーンの黒ずみ対策

デリケートゾーンの黒ずみは、1日2日では治りません。

しかし、毎日の努力の積み重ねがこそが、黒ずみの改善に繋がります。

黒ずみ対策① ゆとりのある服や下着をつける

身体を締め付ける服や下着は、黒ずみの元凶です。

ピッチリした補正下着などは必要なときだけにして、筋トレなどで体そのものを鍛えましょう。

(言うのは簡単でして、、、すみません)

また、普段使いの下着は天然素材のコットンやシルク製で、縫い目のないシームレスタイプを選ぶことで肌への負担を減らしましょう。

黒ずみ対策② 無理なアンダーヘアの自己処理をしない

デリケートゾーンのムダ毛が蒸れを助長させ、雑菌などの繁殖に繋がる場合があるので、ムダ毛処理自体は推奨派です。

ただ、カミソリや毛抜きでのムダ毛の自己処理は、肌への負担が大きいので避けましょう。

電気シェーバーを使うか、クリニックやサロンで脱毛し、処置後の保湿をしっかり行うのがオススメです。

傷や色素沈着、シミなどがあっても照射可能な全身医療脱毛もあります。

一昔前は、傷があったりするとその部分は照射してくれないので、そこだけ毛が残っちゃうなんてこともありましたが、今は肌トラブル跡があっても脱毛してくれる頼もしい機械があります。

黒ずみ対策③ トイレの後はペーパーで優しく拭く

小用ならデリケートゾーンにペーパーをそっとあてがい、しずくを吸わせるようにしましょう。

間違ってもゴシゴシこすらないこと。

できればペーパーも肌触りの良い優しい素材のものが良いですね。

黒ずみ対策④ 洗うときはたっぷりの泡と優しいタッチで

デリケートゾーンはたっぷりの泡を作り、摩擦が摩擦がおこらないように優しく洗いましょう。

臭いなどが気になってゴシゴシと洗いがちですが、それは逆効果です。

デリケートゾーンは、その名の通り、肌が薄くとってもデリケートです。

デリケートゾーン用の石けんで洗えば、黒ずみだけでなくニオイ対策にもなります。

泡を流すときはぬるま湯を使い、完全にすすぎ切ることも大切です。

黒ずみ対策⑤ 熱すぎるお湯は避けよう

熱いお湯だと必要な皮脂も洗い流してしまいます。

ぬるめのお湯にゆったり浸かってリラックスを。

熱いお湯が好きな方は、必ず湯上り後に保湿しましょう。

黒ずみ対策⑥ 栄養バランスに気を配る

健康な身体をキープしておけば、肌のターンオーバー機能も正常に働きます。

偏らないように栄養バランスに気を配り、体を作るたんぱく質やメラニンの生成を抑えるビタミンCなどを積極的に摂りましょう。

食事で補えない栄養素はサプリで賢く補給しましょう。

オススメはポーラの特許取得の健康サプリ。

ヤマモモの樹皮から抽出したベイベリーバークエキスと、ローズマリーから抽出したエキスが、メラニンの供給量を調整してくれます。

黒ずみ対策⑦ 規則正しい生活を送る

規則正しい生活で睡眠をたっぷり取るこで、ターンオーバーを促進できます。

健やかな肌をつくることも、黒ずみの緩和に役立ちます。

黒ずみ対策⑧ 黒ずみ改善に美白クリームを塗る

黒ずみ・色素沈着を治すため美白効果のあるクリームを塗って、外からもケアをしましょう。

黒ずみ対策に一番オススメはハイドロキノン配合のクリームです。

皮膚科で相談した場合は、このハイドロキノンのクリームが処方されることが多いです。

ハイドロキノンには、シミの元になるメラニンを還元する力があり、シミや色素沈着を薄くしたり、メラニンの生成を抑制する効果があります。

ハイドロキノンは他の美白有効成分として知られるアルブチンの100倍の効果があるとも言われていています。

有効成分:ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンには、シミの元になるメラニンを還元する力があり、シミや色素沈着を薄くしたり、メラニンの生成を抑制する効果があります。

有効成分:プラセンタとは?

栄養素が豊富なプラセンタには、五大栄養素の糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルの他、酵素類も含まれていて、肌のターンオーバーを促進し、活性酸素を抑制する働きにより、肌の疲労、老化を防ぎ、メラニンの生成を抑制します。

肌の漂白剤と呼ばれている純ハイドロキノンが5%と高濃度で配合された、LANTELNO「ランテルノ」。

主成分のハイドロキノンの他にも、プラセンタエキスに幹細胞エキス、ビタミンC誘導体など、メラニン色素にアプローチして肌の黒ずみを改善してくれる成分が、これでもか!とたっぷり12種類も配合されています。

ハイドロキノンは成分が強くて少し心配という方もいらっしゃると思います。

ランテルノは、パラベン、シリコン、合成着色料、合成香料、エタノール、石油系界面活性剤など7種類の肌に負担がかかる成分が不使用で、日本人の肌質を考えて設計された美白クリームです。

使用上の注意点としては、ハイドロキノンを塗っている期間は塗布した部分のバリア機能が下がり、紫外線に対して敏感な状態になります。

できるだけ紫外線を可能な限り避けて、塗布期間中はSPF30 PA++以上の日焼け止めを塗ってUV対策をしっかりしましょう。

ハイドロキノンが合わない方には

ハイドロキノンが肌に合わない方は、ハイドロキノン配合がされてないアイテムを使用しましょう。

美白効果のあるアルブチン、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体、和漢植物から抽出され、メラニンの生成を抑えてくれるグリチルリチン酸と、3つの美白成分が配合されたIviza(イビサ)セラムPro。

イビサシリーズは、デリケートゾーン専門脱毛サロンIBIZA WAXが開発した、デリケートゾーン専用美容液です。

VIOケアのプロが開発したIviza(イビサ)セラムProは、乳首や脇などデリケートゾーンを含むボディ全身に使用できる医薬部外品の美容液です。

もしかしたら、「デリケートゾーンにはイビサクリーム」と名前を耳にしたことがある方もいるかもしれません。

イビサクリームからさらにバージョンアップしたのがこの美容液です。

合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、バラベン不使用で、赤ちゃんでも使えるような無添加処方で設計されています。

美容液なのでクリームよりも伸びが良く、馴染みやすいのが特徴です。

黒ずみ色素沈着はすぐには消えませんが、地道にコツコツ粛々と、ケア続けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました