ブラの肩紐で黒ずみ・色素沈着に!市販で効果のある美白クリームは?

BEAUTY
スポンサーリンク

敏感肌の女性を悩ませるのがブラの肩紐の摩擦によってできるストラップのラインに沿った黒ずみ・色素沈着

皮膚科でハイドロキノンを処方してもらってましたが、行ける時間帯は毎度すごい混みようで足が重いので、黒ずみ・色素沈着に効果がある市販のクリームを探してみました。

ブラの肩紐で出来た黒ずみを治す方法はこちらをご覧ください。

黒ずみ・色素沈着に効果がある有効成分は?

黒ずみ・色素沈着を治すための美白効果がある有効成分はいくつかあります。

皆さんもどこかで目にしたり耳にしたりしたことある成分かと思います。

有効成分:ハイドロキノン

ハイドロキノンには、シミの元になるメラニンを還元する力があり、シミや色素沈着を薄くしたり、メラニンの生成を抑制する効果があります。

病院で処方される成分です。

ハイドロキノンはそのまま使用すると、刺激が気になるという声があります。

美白効果が優れている反面、その強い作用によって肌に強い刺激を与える可能性があるためです。

有効成分:プラセンタ

プラセンタが美白に効く理由は、豊富な栄養素によるものです。

プラセンタには、五大栄養素の糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルの他、酵素類も含まれていて、肌のターンオーバーを促進し、活性酸素を抑制する働きにより、肌の疲労、老化を防ぎ、メラニンの生成を抑制します。

いくつもの美肌効果が総合的に作用し、色素沈着を改善がされて肌を美白へと導いてくれます。

有効成分:アルブチン

アルブチンはコケモモや梨などの植物に含まれている成分です。

メラニン生成に関わる酵素の1つであるチロシナーゼに直接作用し、シミやそばかすなどの原因となるメラニンの生成を阻害します。

有効成分:トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、シミなどの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。

内服(飲み薬)と外用のどちらも効果的だとされており、有名な美白成分のひとつです。

トラネキサム酸は抗炎症作用もあり、肌荒れを予防し、炎症性のシミやニキビ跡を改善する効果があるので、病院でも幅広く処方されています。

シミだけではなく、肝斑にも有効と言われています。

私の場合は、皮膚科ではハイドロキノンを処方してもらってました。

ハイドロキノンが肌に合わない方もいらっしゃると思うので、今回はハイドロキノンが配合されていない美白クリームも併せてご紹介します。

ハイドロキノンで攻める!デリケートゾーンの黒ずみに効く美白クリーム

肌の漂白剤と呼ばれている純ハイドロキノンが5%と高濃度で配合された、LANTELNO「ランテルノ」。

主成分のハイドロキノンの他にも、プラセンタエキスに幹細胞エキス、ビタミンC誘導体など、メラニン色素にアプローチして肌の黒ずみを改善してくれる成分が、これでもか!とたっぷり12種類も配合されています。

ハイドロキノンは成分が強くて少し心配という方もいらっしゃると思います。

ランテルノは、パラベン、シリコン、合成着色料、合成香料、エタノール、石油系界面活性剤など7種類の肌に負担がかかる成分が不使用で、日本人の肌質を考えて設計された美白クリームです。

使用上の注意点としては、ハイドロキノンを塗っている期間は塗布した部分のバリア機能が下がり、紫外線に対して敏感な状態になります。

できるだけ紫外線を可能な限り避けて、塗布期間中はSPF30 PA++以上の日焼け止めを塗ってUV対策をしっかりしましょう。

プラセンタで攻める!デリケートゾーンの黒ずみに効く美白クリーム

糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル、酵素類が含まれ、肌が喜ぶ栄養素がたっぷりのプラセンタが配合された美白クリーム。

膝や肘、脇またはデリケートゾーンの黒ずみ対策や脱毛後のケアにご利用いただける美白・保湿成分配合のオールインワン乳液で、妊婦や授乳中の方でも使用可能です。

メラニンの生成を抑えしみそばかすを防ぎデリケートゾーンの黒ずみにを改善するだけでなく、乾燥や肌荒れなど、肌トラブルと戦ってくれます。

肌のターンオーバーと共にナチュラルな素肌へ整えてくれます。

ボディケア、マタニティ、バストトップなど気になる部分のケアができる医薬部外品で、shirony (シロニー)は、ハイドロキノンは配合されていません。

アルブチンで攻める!デリケートゾーンの黒ずみに効く美白クリーム

美白効果のあるアルブチン、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体、和漢植物から抽出され、メラニンの生成を抑えてくれるグリチルリチン酸と、3つの美白成分が配合されたIviza(イビサ)セラムPro。

イビサシリーズは、デリケートゾーン専門脱毛サロンIBIZA WAXが開発した、デリケートゾーン専用美容液です。

VIOケアのプロが開発したIviza(イビサ)セラムProは、乳首や脇などデリケートゾーンを含むボディ全身に使用できる医薬部外品の美容液です。

もしかしたら、「デリケートゾーンにはイビサクリーム」と名前を耳にしたことがある方もいるかもしれません。

イビサクリームからさらにバージョンアップしたのがこの美容液です。

合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、バラベン不使用で、赤ちゃんでも使えるような無添加処方で設計されています。

美容液なのでクリームよりも伸びが良く、馴染みやすいのが特徴です。

Iviza(イビサ)セラムProにはハイドロキノンは配合されていません。

トラネキサム酸で攻める!デリケートゾーンの黒ずみに効く美白クリーム

MeVicreamは、肌の炎症を抑える効果のあるトラネキサム酸と、メラニンの生成を抑制するアルブチンを配合した美白クリームです。

パラベン、香料、着色料、鉱物油、アルコール、紫外線吸収剤がフリーの無添加処方で、パッチテスト(刺激性テスト)も実施している医薬部外品なので、肌に優しい処方で敏感肌の方にオススメです。

スクワランやメドウフォーム油など保湿成分が配合されているので、美白ケアにプラスして、潤いある健やかな素肌へと整えてくれます。

妊婦や授乳中の方でも使用可能です。

MeVicreamは、ハイドロキノンは配合されていません。

ブラの肩紐でできた黒ずみの解消までは時間は少しかかります

少々根気が必要です。

でも、ひどくなった黒ずみを治すのは更に時間がかかるので、黒ずみが気になったときは目をそらさず、対策を始める時です。

今年の夏、夏服を着て気になった方。

来年の夏をターゲットに、地道にコツコツ粛々と、今からケアを始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました