金属アレルギーがピアスを楽しむにはコーティング剤を塗れば良い

BEAUTY
スポンサーリンク

金属アレルギーの方は、アクセサリーの中でも特にピアスには悩まされますよね。

一般的に、金属の種類の中でアレルギー反応がでやすい素材は、ニッケル、コバルト、クロムです。

私の場合はメッキ系はかぶれてかゆみが出るのでNG。

シルバー925は体調次第。

プラチナと18金ゴールドのピアスだったら大丈夫です。

とはいえ、全部のピアスをプラチと18金ゴールドにしていたらお金がかかって仕方ないですよね

可愛いピアスが付けたいのに、金属アレルギーとお金の事情で選択肢がグッと狭まっていました。

普通のお洒落でお手頃なファッションピアスがつけたい。

その願いを叶えてくれるのは、ピアス用のコーティング剤です。

金属アレルギーの確認方法と気をつけたいポイント

まず、金属にアレルギー反応がどのように起こるか、基本のポイントを抑えておきましょう。

汗をかくときは要注意

金属アレルギーは、汗や体液で金属イオンが溶けて起こってしまいます。

汗を書きやすい夏や、運動時には、出来るだけアクセサリーは外しましょう。

特に、汗が溜まりやすい指輪は普段アレルギー反応が出ない金属素材でも注意しましょう。

アクセサリーの素材を確認

アレルギーを起こしやすい素材はニッケル、コバルト、クロムの3種類です。

アクセサリーを購入する際はどんな金属が使用されているか確認しましょう。

病院でのパッチテストで確認

病院でパッチテストを受ければ合わない金属素材を確認できます。

色んな種類の金属の検査薬をつけたシールを腕などに貼って、アレルギー反応が出て赤くなるか見るテストです。

金属アレルギーの方で着けられるピアスの素材はこちらで紹介しています。

専用コーティング剤を塗って市販のピアスをつけよう

では、本題。

金属アレルギーで悩む方を救うのはこのコーティング剤です。

このコーティング剤をぬれば、素材に頭を悩ませることなく、金属アレルギーの方がピアスを楽しむことが出来ます!

金属アレルギー防止液で、ピアスの金属部分に塗って乾かすと、透明のアクリル皮膜ができて金属イオンの侵入を防いでくれます。

使い方はとても簡単。

塗布後、20分ほど置いて乾いてたら、コーティング完了です。

金属アレルギーでも、巷のピアスがつけられます!

シルバー925ですら疲れている時などは痒みがでたのに、このコーティング剤で一度もアレルギー反応が出ていません。

本当に嬉しい。

コスパが良すぎる。

金属アレルギーでお悩みの方は、試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました