クマの色で原因が違う!あなたのクマの種類は茶クマ・青クマ・黒クマ?

BEAUTY
スポンサーリンク

あなたの目元のクマの種類は茶クマ・青クマ・黒クマどれですか?

クマの色によって、クマが出来る原因が違います

目元のクマの種類を理解して、正しいクマ対策をしましょう。

目元のクマの3つの種類

目元のクマの種類は3つです。

  1. 茶クマ

  2. 黒クマ

  3. 青クマ

クマの色によって原因と対策が変わります。

それぞれ、クマの原因を見ていきましょう。

目元のクマの種類① 茶クマ

茶クマはメラニンの過剰生成色素沈着が原因でできる目元のクマです。

原因は、遺伝性や体質によるアレルギーなどの皮膚の基礎疾患による黒ずみ、長年の過度な摩擦メイク汚れによって刺激を受けたもの。

色味が茶色っぽければ茶クマですが、わかりにくければ目の下の肌を少し引っ張ってみてください。

茶クマは色素沈着が原因なので、目の下を引っ張ったり上を向いてもクマの色が薄くならなければ、それは茶クマです。

茶クマの改善には、この色素沈着を改善する必要があります。

まずは目を擦ったりする癖がある方はそれを控えるように意識しましょう。

普段のメイク落としの際は、摩擦を減らし優しくクレンジングするように心がけましょう。

肌のトーンを上げるビタミンC配合のアイクリームを使ってケアしましょう。

コンシーラーで隠す場合には、イエロー系コンシーラーがおすすめです。

茶ぐまが気になる方は、ビタミンCがたっぷり配合されたDRUNK ELEPHANT(ドランク エレファント) C-タンゴ マルチビタミン アイクリームがおすすめです。

ドランク エレファントは、敏感肌のための低刺激なスキンケアブランド

アルコール、シリコン、紫外線吸収剤、ラウリル硫酸ナトリウム、合成香料、パラベン、合成保存料、合成着色料などが不使用です。

血色を明るく保ち目のクマを軽減させ、保湿力も高く内側からふっくらとしたヘルシーな目元に整えてくれます。

年齢と共に減少するコエンザイムQ10を創り出すユビキノンも配合されており、細かいラインやしわに効果があります。

目元のクマの種類② 黒クマ

目の下が黒く見える黒クマは、ハリ不足による目元のたるみが原因です。

茶クマの色素沈着のよう色が付いているわけではなく、目の下のたるみが影を作り目元が黒く見えています。

目元にハリが失われることが原因で皮膚にたるみが見られるようになり、目の下が膨らんで影をつくってしまう状態です。

たるみが原因の黒クマは、あお向けに寝て上から見てみると薄くなるのが特徴です。

また、光を当てれば影が消えればクマの色が薄くなります。

黒クマはたるみが原因。

なので、目元の表情筋を鍛えてこれ以上たるませないようにケアしましょう。

スキンケアには保湿とコラーゲン配合のアイクリームがオススメです。

コンシーラーを2色使うのがポイントです。

一番クマの濃い部分にオレンジのコンシーラーを使い、上からベージュを重ねるとナチュラルに仕上がります。

乾燥たるみ目元のシワが気になる方にオススメは、KIEHLS (キールズ) アイ トリートメント。

リッチな使い心地のアイクリームアボカドオイルとシアバターが目元を潤いを与えてふっくらします。

目元のクマの種類③ 青クマ

青クマは目の下が青くなっている状態です。

睡眠不足などによる目の周りの血行不良や、PCやスマホなどを長時間見る事による眼精疲労や冷え性なども原因です。

目元は他の部位に比べて皮膚が薄いので、たくさんの毛細血管が走っています。

血行不良になると、毛細血管は青くなりそれが皮膚を通して見えるので青いクマになります。

目尻を横に引っ張りクマの色が薄くなる場合は、血行不良が原因の青クマです。

皮膚が薄い人は、青クマが目立ちやすいです。

青クマには血流をよくするつぼ押しマッサージなどが効果的です。

マッサージするときは、摩擦がかからないように保湿をしながら優しく行いましょう。

CLINIQUE(クリニーク)イーブンベター アイはメタルチップのアプリケーターが付いているので、マッサージしながら目元に馴染ませて使うことが出来て、青クマのケアにオススメ。

うるおいを与えて目の周りを明るく整え、すっきりとした健康的な印象に。

くすみが抑えられるのとメイクの上からでも使えるので、持ち歩きもオススメです。

コンシーラーと言うほどではないですが、テクスチャーにはほんのりベージュ色がついています。

メイクの上から使っても馴染ませやすく、化粧が崩れにくい所もポイントが高いです。

タイトルとURLをコピーしました