ほうれい線に効くマッサージ方法。今日のケアが未来の美肌を作る

BEAUTY
スポンサーリンク

年齢と共に気になってくるのが、顔のたるみ間延び感

この、ほうれい線さえなければ、顔の印象もだいぶ変わるのに。

実に憎たらしいですよね。

顔の印象に大きく影響するほうれい線は、マッサージや顔トレすることで予防できます。

目元の小じわや肝斑を予防するよりも、ずっと簡単です。

今回は、自宅で簡単に出来るほうれい線マッサージ方法をご紹介します。

今日のケアが未来の美肌を作ります。

ほうれい線解消マッサージ① 頬骨の下の靭帯をほぐす

頰骨の下には、リガメントと呼ばれる靭帯が並んでいます。

このリガメント(靭帯)は、筋肉や脂肪、皮膚を引き上げて骨に固定する役割があります。

弾力を失って硬くなると、皮膚などを引き上げる力も弱まり、たるみやほうれい線に繋がります。

ほうれい線対策には、この凝り固まったリガメントをマッサージして、ほぐすことが大事。

方法はとっても簡単。

頰骨のリガメントを押し上げるだけ。

小鼻の横、頰骨の下から、頬骨のラインに沿って耳側にマッサージしていきます。

頬骨の凹みのあたりまで、行いましょう。

ポイントは、頬骨を上に押し上げるようマッサージすること。

指を使う場合は、親指で上から下に押し上げる感じでマッサージしましょう。

親指がやりにくい場合は、人差し指の第二関節を使って、上から下に押し上げましょう。

私は親指は爪がぶつかってしまうので、人差し指の第二関節を使う派です。

1日2分間位が目安です。

私はお風呂に浸かりながらやってます。

イタ気持ちいい位の強さでしっかり押さえましょう。

1か所につき3秒くらい押して、ゆっくりほぐしていきましょう。

ほうれい線解消マッサージ② 口の中をマッサージする

続いては、口の中のマッサージです。

まず、手を清潔にしましょう。

口の中に親指を入れて、頬を内側から外へ押し出すようにして、マッサージします。

頬の内側の壁を伸ばす感じで、グリグリと。

片方の頬を、20回くらい指をスライドさせて、マッサージしましょう。

ほうれい線解消マッサージ③ 上唇を突き出して頬の筋肉を鍛える

そういえば、チークの入れる位置が以前と変わっていたりしませんか?

ほうれい線が気になる方は、頬の位置も以前より落ちている場合が多いです。

頬の筋肉を鍛えて上に持ち上げましょう。

まず、上唇に力を入れます

上唇への力の入れ方が分からない場合は、少し唇を尖らせてみましょう。

上唇へ力を入れる感覚が、少しつかめると思います。

上唇に力を入れた状態で、頬の筋肉を意識しながら前へ唇をつきだします

前へ突き出すの動きを30回。

頬の黄色のエリアの筋肉が動いているのを意識して行うと、効果的です。

まとめ

ご紹介した3つほうれい線予防を、まずは2週間やってみましょう。

変化を感じられると思います。

毎日の生活を少し変え新しいルーティーンを少しプラスすることで、ほうれい線予防になります。

単に「ほうれい線がなく、若く見えたら良い」とかそういう話ではありません。

本人が今「嫌だな、気になるな」と思うなら、数年後はもっと強く感じます

今から少しだけでも習慣を変えて頑張ったら、将来の心的ストレスが少し軽減されます。

誰のためでもなく、自分の自己満のためにコツコツとケアしましょう。

ちなみに、スキンケアでは、ヒアルロン酸のニードルパッチがオススメ。

医療の現場で使われるマイクロニードル技術を基にし、ヒアルロン酸や美容成分が、ミクロ単位のニードル形状になっています。

200マイクロメートルのニードル状になったヒアルロン酸のシートを、目元や口元の気になる部分に貼り付けて使用します。

シートを肌に密着させることで、角質層内の水分がニードルを溶かし、じっくりと成分を浸透。

ミクロのニードル針が肌の深部で溶けるので、効率よく角質層まで届けてくれます。

こちらの記事では、使用感などご紹介してます。

タイトルとURLをコピーしました