ローラー美容液リンクローダーはズボラさんにオススメ?効果的な使い方は?

BEAUTY
スポンサーリンク

目尻、目下のたるみ、額、ほうれい線。

細かい部分をマッサージしながら1本でパーツケアできる、

ローラー美容液「リンクローダー」を試してみました。

使った感想は、

「リンクローダーは面倒くさがりな方こそオススメ」

でした。

ローラー美容液「リンクローダー」の特徴

リンクローダーは、ローラー美容液です。

有機ゲルマニウム配合の美容液で、肌にハリと潤いを与えてくれるだけでなく、

美容液のチューブにローラーが付属されています。

目元や、口元など細かい部分を、ローラーでマッサージしながらパーツケアできます。

ハリ肌を整える美容成分配合

リンクローダーのメインの美容成分はこちら。

  1. 植物から抽出された美肌成分「有機ゲルマニウム」

  2. ハリのある肌へとサポート「カルボマー」

  3. 肌の潤いをサポート「ヒアルロン酸」

  4. 肌のダメージをカバー「グリコシルトレハロース」

「ゲルマニウム」は、温泉や磁気ネックレスなんかでは、耳にしますよね。

化粧品の成分としては、まだ馴染みのない方もいるかもしれませんね。

ゲルマニウムは有機と無機に分けられ、

有機ゲルマニウムは、朝鮮人参、ニンニクなどの漢方薬や植物などに含まれる天然成分です。

有機ゲルマニウムには肌の整肌効果があり、その高い美容効果から近年注目されている成分です。

肌の保水効果を高めたり、抗酸化作用も期待できるため、エイジングケア化粧品での配合が増えてきています。

マッサージローラーが美容液と一体

リンクローダーの最大の特徴は、美容液とローラーが一体になっているところ。

美容液の先端にローラーが付いていて、ローラー部分からテクスチャーが出てきます

ローラー部分は回転式。

ローラーで圧力を与えながら塗ることで、シワやたるみの溝に有効成分を届けることができます。

マッサージをしながら、美容液を塗り込むことが出来るわけです。

気になるところを、コロコロするだけです。

リンクローダー使用方法

美容液チューブの先端に、ローラーがついています。

キャップを外すと、この状態です。

▼の矢印が、OFFの上にあります。

今は、美容液が出ない(OFF)の状態です。

美容液が出ない(OFF)の状態での、裏側。

▼が示しているのが、現在の状態です。

OFFの状態で、ON/OFFボタンを押しても美容液は出てきません。

ヘッドを回転させて、ONにします。

回転すると、カチッと止まります。

スイッチがONになると、▼は後ろ側にまわります。

正面のOFFの上には、▼がない状態になります。

この写真が、美容液が出る状態です。

最初は、OFFだかONだかよく分からず、ややトリッキーです。

が、すぐに慣れます。

ON/OFFボタンを押すと、美容液ジェルが出てきます。

適量を、気にになる部分を中心に顔全体に伸ばします。

顔全体に伸ばしたらスイッチをOFFに。

顔の表面をローラーで転がしながら、顔全体に馴染ませせます。

ヘッドは、1.7cmです。

小指のひと関節くらいです。

テクスチャーはジェルで、完全に透明

軽めのテクスチャーで、とろみは強くなく適度。

肌馴染みよく、さっと伸びます

保湿感はあり、もっちりします。

ベタつきやテカリはありません

部位ごとにマッサージしてみた

部位ごとにリンクローダーを使って、マッサージしてみました。

目の下

目の下のマッサージは、ひんやりして気持ちがいいです。

ローラータイプなので、力が入りすぎず当たりも優しい

摩擦を避けながらマッサージできるので◎

目尻

目尻のマッサージは、私には合いませんでしたが、これは骨格によります

私は骨格がゴツめで目が窪んでいるので、目尻の形に上手くローラーがはまりませんでした。

イメージは、東南アジア顔、南国顔です。

美容液自体は塗れますが、

マッサージするには、私の骨格の場合はローラーヘッドが大きすぎたようです。

首の表側、デコルテ

デコルテ、首のシワが気になっていました。

首のマッサージって難しいので、リンクローダーは非常に良かったです。

首の表側は柔らかいので、大きいローラーだと使いにくいし、小回りがきかない。

リンクローダーだと年輪のような首のシワを伸ばしながら美容液を塗り込みながらマッサージ出来ます。

デコルテも、同じく使いやすかったです。

デコルテも骨ばっていて、大きいローラーだと小回りが効きません。

そのため素手でマッサージすることが多いですが、手だと細かいシワを取り逃がしがち。

深いラインをしっかり押さえてマッサージできるので、デコルテのマッサージにも良かったです。

口元

口元のマッサージにも使いやすい形状でした。

頰骨の下には、リガメントと呼ばれる靭帯が並んでいます。

リガメントは、筋肉や脂肪、皮膚を引き上げて骨に固定する役割があります。

このリガメントが弾力を失って硬くなると、皮膚などを引き上げる力も弱まり、

たるみやほうれい線に繋がります

ほうれい線対策には、この凝り固まったリガメントをマッサージして、ほぐすことが大事。

方法は、頰骨のリガメントを押し上げるだけ。

小鼻の横、頰骨の下から、頬骨のラインに沿って耳側にマッサージしていきます。

頬骨の凹みのあたりまで、行いましょう。

リガメントをほぐす時に、良い感じにローラーがフィットするのでマッサージしやすいです。

首の後ろ側、肩

首の後ろのマッサージが、最高でした。

風池(ふうち)のラインがすごく凝るんですが、リンクローダーのヘッドがぴったり。

風池は、首の中心の天柱の骨のへりに沿って外側1センチのラインで、骨が凹んだところです。

おでこ、眉毛

まだ、おでこにシワがないので今までマッサージをしたことなかったですが、気持ちいいですね。

指でやるより、確実に簡単。

現代人は、スマホやPCで目を酷使しているので、目の周りが疲れている方が多いと思います。

私も集中するとついつい瞬きは減って、目が疲れがち。

普段から、眉毛の上のあたりをつまんでほぐしています。

この眉毛の上のマッサージにも、使いやすかったです。

リンクローダーの気に入ったところ

リンクローダーを使ってみて、気に入った点をまとめました。

メイクがよれにくい

まずは、メイクがよれにくい点です。

テクスチャーがさらっとしているので、朝のメイクに良いですね。

コクのあるテクスチャーのアイクリームを使用していますが、メイクがよれるので使用は夜だけ。

テクスチャーの軽さが、日中のアイクリームにすごく良いと思いました。

マッサージローラー単体でも使える

マッサージローラーとしても、使い勝手が良かったです。

1.7cmのローラーヘッドのサイズが、絶妙なんだと思います。

ローラーのシェイプが、球体じゃないのも良いです。

球体だと、目元の細かい部分やツボ押しには良いですが、

デコルテや首など、適度な面積のある部分のマッサージには不向きです。

ローラータイプなので、

(1)美容液を塗りながら、
(2)伸ばしながら、
(3)マッサージしながら、

が、一緒にできます。

手が汚れないから持ち運びの保湿材に

普段、マスクを外した時に乾燥を防ぐため保湿クリームを持ち歩いてます。

化粧水をスプレーする方も多いと思いますが、その後に保湿しないと化粧水で潤いを与えた肌が乾燥してしまうので、注意が必要です。

と言うわけで、私は保湿クリームにしています。

マスクを外す時には、手を洗って清潔にしてから保湿クリームを手で塗るんですが、

面倒なんですよね。

もちろん、手が洗えない状況も多いです。

その点で、リンクローダーは手を使わないでちゃちゃっと塗れるので、持ち歩きに良いなって思いました。

以上、気に入った点をまとめて、私のリンクローダーの使い方が決定しました。

私のリンクローダーの使い方

  1. 日中のアイクリーム

  2. 顔、デコルテ、首などのマッサージローラー

  3. マスクをとった時にちゃちゃっと保湿する美容液

私は、夜は相棒のアイクリームがありストックが溜まっているので、リンクローダーは日中用にしました。

もちろん、夜に使用するのも良いと思います。

昼と夜で分ける必要もないので、手持ちとのアイテムとの相談ですね。

リンクローダーの微妙だったところ

リンクローダーの微妙だった点は、今のところ特筆したい点は特にないです。

まだ一本使い切ってないので、量に対してのコスパの印象はコメント出来ないですが、

価格も手頃だし、汎用性的にもコスパが良さそうに感じます。

購入前の注意点としては、電気は流れません

ローラーがメタルでスイッチもあるので、電気振動など思い浮かべる方がいるかもしれません。

ローラーは物理的にコロコロするのみで、電気刺激の機能はありません

リンクローダーは面倒くさがりな方こそオススメ

使ってみて、リンクローダーがあっているのはこんな方だと思いました。

  1. ほうれい線など口元のシワやたるみが気になる方

  2. 目元のクマやたるみ、目じりのシワが気になる方

  3. 肌のたるみやハリが気になる方

  4. 一本で色々まとめてケアしたい方

  5. マッサージすべきと思ってはいるけど続かない方

私は、これもあれもとスキンケアアイテムが増えていくのが苦手です。

将来の肌のためには、使った方がいいのは分かっているんです。

ただ、複数のスペシャルケアって結局続かないことが多いんですよね。

なので、目元、口元、首、デコルテと気になる部分に全体的に使えて

そのまま美容液を塗る本体を使ってマッサージも出来るのは、

面倒くさがりな私的には良かったです。

マッサージはしなくちゃと思うんですが、すぐ忘れちゃう。

覚えていても、疲れてたり眠かったりすると、すぐマッサージをスキップしてしまいます。

面倒くさがりなので、1秒でも早く寝たい。

でも、一日スキップすると、次の日もやるのが億劫になって、そのままケアしなくなります。

でも、スキンケアの一番大切なことは、毎日コツコツです。

マッサージも、毎日コツコツです。

効果を出すには、毎日コツコツ継続しかないんです。

この、毎日コツコツっていのが一番難しかったりします。

美容液にローラーまでついてれば、

マッサージまでが一連のセット。

サボリ魔な私でも、マッサージの存在を忘れることはない。

続けるために大切なのは、とにかく障壁を低くすることです。

シワやたるみ、肌の年齢感が気になっているけどなかなかケアが続かない方こそ、

まずはアイテムを1本にまとめてみると、

継続しやすいのでオススメです。

タイトルとURLをコピーしました