機械音痴がVHSをDVDにダビングして気づいた一番楽な方法

PC&IT
スポンサーリンク

実家で放置された大量のビデオテープ。

奇跡的に実家のデッキがVHS・DVD一体型のレコーダーだったので、DVDにダビングをしてみました。

VHS・DVD一体型レコーダーを使ってダビングしてみた

VHS&DVDデッキを持っていましたが、再生専用。

色々配線したらVHSをDVDに焼けるんだろうなと思いつつも、機械にそんなに強くないので、プレイヤーはメルカリで処分しました。

外付けで配線してまで、ダビングする根性はありません。

放置していたVHSテープを全て処分しようと思っていたら、実家のVHSプレイヤーがレコーダーだったことを知りました。

ダビングできる機器だ知ってしまうと、急に意欲が。

使ったのは、再生と録画が一台でできる、VHS・DVD一体型レコーダー

パナソニックのVHSビデオ一体型DVDレコーダー DIGAです。

再生用VHSビデオデッキだと配線が必要ですが、一体型ならその必要がありません。

配線や接続に奮闘しなくても大丈夫。

デジタル機器に強くなくても大丈夫。

ダビングに必要なのは、こちらの2点。

  1. VHS・DVD一体型レコーダー

  2. 録画用DVD-Rなどのメディア

今回は、DVD-RAMを使いました。

作業はめちゃくちゃ簡単。

  1. ダビングしたいVHSを入れる

  2. 録画可能なDVDを入れる

  3. ダビングボタンを押す

ダビングがスタートすると、VHSの録画中のデータが再生されます。

2時間のVHSテープを2本録画しました。

しかし、このVHSテープは3倍録画していたので、1本6時間。

12時間分のデータをダビングしました。

作業自体はダビングボタンをポチッと押すだけなので、簡単でした。

デメリットは時間がかかることですね。

VHSのダビングは、データ分の時間がかかります

6時間のビデオなら、ダビングに6時間。

長いんですわ

ずっと見ていなきゃいけないわけじゃないので、ダビングがスタートさえしたら離れられます。

が、流れる映像の懐かしさで、画面の前から動けない。

結局、テレビ画面に張り付いてしまいました。

大量にビデオがあるならダビングサービスを使おう

自分でダビングしてみて思ったこと。

大量にビデオがある方は、外部のダビングサービスを使った方が断然、楽。

当時のVHSは、長時間で録画したり、重ね撮りをしたりするのが一般的でした。

そのためデータの保存状態があまり良くなく、自分でダビングするとノイズが入ることもしばしば。

久々に見たVHS映像は、チリチリとノイズが入ったりしてあまり綺麗ではなかったです。

アナログ放送時代の映像ですしね。

当時はビデオテープのノイズなんて、気になったことありません。

高度な現代テクノロジーによって、すっかり贅沢になってしまったもんです。

古いVHSは専門業者に頼んだ方が、良い状態でデータを移してくれるので安心です。

テープが切れたりしたら一大事ですしね。

そして自分でダビングする際の最大の難点は、録画時間の分だけダビングの時間がかかる点です。

簡単とは言え、自分でやるよりダビングサービスを使った方が圧倒的に時間の節約になります。

ダビングサービスでオススメなのが、

ビデオテープのデジタル化、DVD化サービス【ダビングコピー革命】

時間制限なしで一律599円

ダビングコピー革命の特徴は、シンプルな料金設定。

時間制限なしで、何時間でも同一料金です。

長時間だと別料金になるサービスも多い中で、追加料金なく分かりやすい価格設定です。

データファイルの指定が可能

データを色々な形で移してくれるのも、ダビングコピー革命の特徴です。

DVDだけでなく、MP4やmovファイル、クラウド、HDDなど様々な納品方法が指定できます。

私も今回はDVDにダビングしたものの、本来はMP4が良かったので最初からMP4に移してくれるのは嬉しい。

捨てるには忍びなくて、でも自力でダビングをする気力がない方。

VHSをデータで残せる【ダビングコピー革命】に頼んでみましょう。

タイトルとURLをコピーしました