海外でダニに食われて体が痒い!簡単に出来るベッド周りの対策は?

LIFESTYLE
スポンサーリンク

旅行に来てからというもの、薄々気づいていたけれど、ところどころ体がかゆい

疲れているのかなー、なんて気づかないフリを続けていたけれど、良い加減かゆい。

ポツポツと、食われている。

ポツポツと明らかに食われた跡がある。

認めよう。

私は、ダニに食われた。

ベッドに潜むダニの正体は?

調べてみると、ベッドに潜むダニを海外ではベッドバグ(Bedbug)と言うそうです。

ちなみに英語では、「おやすみ〜」の代わりに「Don’t let bedbug bite」と表現したりします。

「ベッドバグに噛まれないようにね」、と。

こんな表現があるくらい、頻繁に噛まれるんでしょうね笑。

色々と対策用のスプレーなども出ていますが、寝る場所で肌に触れる点と、更には私は肌が劇的に弱いので、化学薬品系を振りまくのは避けたいところ。

ということで、体に害が明らかになさそうな方法を試してみました。

ダニ対策1)アイロンで熱処理で退治しよう

まずは、アイロンで熱処理してみることに。

スチームにすると湿気がたまりそうなので、スチームなしてシーツの上からマットレスをアイロンがけ。

Bedbugよ、熱で死んでおくれ。

と念入りに3回。

そして熱がこもらないように、掛け布団ははいだままにして、しばらくマットレスを冷ましました。

本当はその後、掃除機をかけるのが良いと思うけれど、ホテルだったので掃除機はパス。

対策後にも無理だったら、掃除機を借りる心づもりです。

ダニ対策2)アロマオイルで追い払おう

続いての対策は、ダニが嫌いなエッセンシャルオイルを使用。

ゼラニウムシトロネラが良いみたいなので両刀使いで攻めます。

厚めのティッシュ(日本で言うナプキンやキッチンペーパーの様なものが良いです)を手のひらサイズに折りたたみ、ゼラニウムとシトロネラの精油をそれぞれ数滴垂らして含ませます

そのティッシュをシーツの下、マットレスの上に忍ばせます。

それだけ。

厚めのティッシュとは言え、普通に薄いので、シーツの下にあっても別に邪魔になりません。

1週間に1〜2回ほど、香りがなくなった頃に取り替えます

アイロンと精油を試した結果

毎日数カ所食われていたのが、アイロンとエッセンシャルオイルでダニ対策をしたらピタリと止まりました。

精油は良いのを買ったので、トータル2400円でした。

香りも良くて気持ちもリラックス出来るので、これから旅行には持って行こうと思いました。

海外でダニに食われても、肌の弱い方やお子様がいらっしゃる方は、薬品系に不安があると思います。

ナチュラル系のスプレーも出ていますが、まずはこちらの方法をまずダニ対策で試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました