SNS一切なし!ブログのアフィリだけで半年で月1万円の収益を達成

SKILL
スポンサーリンク

SNS一切しない旧式のブログを6ヶ月運営しました。

そしてめでたく、ブログのアフィリエイトだけで半年で月1万円の収益を達成しました。

Twitterもインスタも連携なし。SNSなしで始めた旧式ブログ

Twitterもインスタも連携なし。

時代に思い切り逆らって、SNSなしの旧式ブログです。

今はSNSを連携させるの時代。

ツイッター、インスタ、Youtubeなど他メディアからのトラフィックが、webサイトにはとても重要。

特に運営が短いドメインは検索順位も上がりにくく不利なので、他メディアからのトラフィックがあるかないかで、めちゃくちゃ影響あります。

知ってます。

一応は。

ブログだけしかやらないなんて何とも古風ですが、SNSはやらないブログがよかったんです。

私がSNSをやらない理由

アンチSNSとかそう言う訳では一切ありません。

ツイッターもインスタも暇があると覗いてます。

何なら緊急速報が早いからツイッターとか特に大好き。

SNS見まくってます。

それでもSNSをブログのためにやらない理由は2つ。

まずは、時間的にSNSまで手が回らないからです。

初めてのブログでまだ要領を得ていないのに、SNSまでやったら他のことが何も出来なくなってしまうのが容易に想像できました。

もう1つの理由は、性格的にツイッターとか即時性が求められるものに、私が向いてないからです。

LINEすら寝かせちゃうタイプで、すぐに返信とかできないんです。

返信に迷っちゃって時間がかかるので、yes / noで終わる内容じゃないと熟成させがちです。

と言うわけで、不向きな私はこれからもブログのためのSNSはやりません。

むしろ、世の中のブロガーの人たちどうやって成立させてるのかほんと知りたい。

皆さん超器用なの?

もしくは私が超不器用なの?

SNSとブログを両方やってる兼業ブロガーさんとか、どうやってタイムマネジメントしてるのかほんと謎。

あと私の場合は、そもそも発信がしたいと言うより、WEBサイトがやってみたかったってのもあります。

HTMLやIllustratorなどweb関連のことを勉強したので、それを少しでも忘れないように触れる出来る場所が欲しかったという訳です。

ブログ収益化のために準備したもの

ブログ収益化のために準備したものは、いたってベーシックです。

  1. レンタルサーバーの契約

  2. 独自ドメインの取得

  3. WordPressテーマの導入カスタマイズ

  4. 固定ページの作成
    (プロフィール、プライバシーポリシー、サイトマップ、お問合わせ)

  5. 投稿記事を作成

  6. Google AdSenseへの登録と申請

  7. ASPに登録

まず、ブログ開設のために、サーバーを契約してドメイン取りました。

サーバーはエックスサーバーで、ドメインはエックスドメインで取得しました。

今はエックスサーバーに新規で申し込むとドメインが永久無料です。

羨ましい。

そんなキャンペーンない時期の普通の契約なので、私は永遠にドメイン代を支払わなければいけない。

一生分と思うと結構な差です。

サーバー等々が用意できたので、ワードプレスのテーマをカスタマイズしてみたり、お問い合わせページを作ったりと、サイトの構成を整えました。

その後、投稿記事を6記事書いてから、広告を貼るためにGoogleアドセンスに申請しました。

アドセンス合格後に、アフィリエイトASPを2つ登録

いよいよアフィリエイト開始です。

Googleアドセンス申請までの道のりはこちらでご紹介してます。

収益化のために使ったアフィリエイトASP2社

収益化のために使ったアフィリエイトASPはまずは、A8.net

A8.netは、会員数、広告主数ともに最大規模を誇るアフィリエイトサービスです。

アフィリエイト満足度ランキングでは、9年連続1位を獲得だそうです。

A8.netのいい点は、 有名ショップから、まだあまり知られていない注目商品を扱うショップまで様々なジャンルの広告を扱っているとこ。

スマホアプリもあるので、普段スマホ派の方にも使い勝手がいいです。

あと、セルフバックと呼ばれる自己アフィリエイトサービスがあり、自分で商品購入やサービス申込みすることで報酬が貰えます。

アクセスがない最初の新米の頃でも、セルフバックで収益が出せるという仕組みです。

A8.netは、アフィリエイト初心者にも優しい大手のASPです。

もう1つ登録したアフィリエイトASPは、もしもアフィリエイトです。

登録の理由は、もしもアフィリエイトを経由することで、Amazon、楽天、Yahooショッピングのリンクが簡単に貼れるからです。

こんな感じの商品画像3つボタンがついた商品リンクです。

特に最初の頃は、ASPでアフィリエイトプログラムを探すのも一苦労。

ショッピングで慣れているAmazonの商品を紹介する方が圧倒的に楽だったので、もしもアフィリエイトばかり使ってました。

SNSなしのオーガニック検索のみの6ヶ月後のブログアクセスは?

6ヶ月後にようやく5,000PVを超えました!

もちろん未だ弱小ですが、キリのいい数字で嬉しかったのを覚えてます。

SNSも絡めない。

特化ブログでもない。

バズらせることも狙わない。

検索ワードも狙わない。

ただただ、「自分が知ってるモノ、コトだけを書く」戦略なしの旧式ブログです。

こんな旧式の弱小ブログで5000PV行くなんて嬉しいもんです。

そしてありがたいことに、月1万円の収益が出ました。

ちなみに、セルフバックで収益は出していません。

(やや言い訳がましいですが、正確にはブログ開始から7ヶ月目ですが、2ヶ月目からアフィリエイトを始めたので、6ヶ月で達成と言わせてください)

収益化のために気をつけたポイント

収益化のために気をつけたとこは、100記事書くまで辞めないこと

まずは、100記事書くことを目標にしました。

100記事書いたらどうなるでもないんですが、1つのバーとして100記事までは頑張ろうと思いました。

100記事に到達したのは5ヶ月後です。

なので、100記事超えた翌月に1万円となりました。

ちなみにアクセスが少ないので、アドセンスの収益はかなり低いです。

9割がASP経由の収益です。

最近意識してますが、この頃はSEO対策的なのはだいたい放置です。

使ってるテーマCocoonはSEO対策に良いらしいし、まあ今はSEOは良いでしょ。

と、テーマ頼り感満載。

とりあえず、来る日も来る日も記事を書くだけ。

100記事書きつづける。

本来は、ターゲットを絞って特化型にしたり、高単価の案件を狙って記事を書いたりしたらより収益化につながります。

お小遣いは欲しいけど、そこまでのビジネス感を出して記事を書きつづける自信もネタもなかったので、テーマもとっ散らかりながらただ書き続けました。

SNSをやらないからにはすぐに収益が出ないことは覚悟の上です。

100記事書くこを目標に、決めたルールは1つです。

なんかしっくりこなくっても、取り敢えず記事を投稿しちゃうことです。

私はコピーライターではないですが、仕事の一部でコピーライティングをしていました。

キャッチコピー、商品コピー、プレスリリースや説明書など、色々書く機会がありました。

しかし、ブログを始めて気づいたんです。

ブログの文章は全然違うんです。

びっくりするほど違う。

文章を仕事で書いた経験が特に活かせず、出来上がりがあまりの駄文なので日々自分にがっかりしました。

推敲を重ねるも、満足いく感じの記事はうまく書けません。

どうやら、うまく書けるまで待っていると永遠に投稿できなさそうなので、折り合いをつけて「とりあえず」投稿することにしました。

投げやり。

それでも良いのです。

後から、修正を加えていけば良いのです。

だいたい有名ブロガーさんも、リライトが大事って言ってますよね。

実際に、あれほど時間をかけて悩んで書いたのに、初期の記事は今見るととても読みにくく暇があれば手直ししてます。

最初はそんなもんです。

諦めてちゃっちゃと投稿しちゃいましょう。

ただし、この考えは二分すると思います。

「数より質だ」

「質の悪い記事なら上げない方が良い」

そう意見ももちろんあると思います。

あってしかるべきです。

私の場合は、「煮詰め過ぎて自滅するタイプ」なのでアップすることを優先しました。

自分の性格と逆のスタイルを行くと続けやすいかもしれません。

  • 100記事書くまで投げ出さないと決める。

  • 満足いかなくても記事でもちゃっちゃと投稿する。

まとめ

「ブログに興味あるけど、SNSまで手が回らないしどうしようかな」と迷われているみなさん。

SNS一切しない旧式のブログでも、アフィリエイトだけで6ヶ月後に月1万円の稼ぐことができました。

特化ブログにせず、高単価の案件に絞ったりもしない、ほんまもんの旧式ブログスタルです。

ということは、単価を狙ったりしていけば、6ヶ月より早く月1万円利益を出すことも夢ではありません。

巷では「ブログ始めて2ヶ月で10万」とかそういうブロガーさんも見かけるので、利益が出ないことで焦ったりすることもあるでしょう。

戦略なしテクニックなしの私でも何とかなったので、100記事くらい書き終える頃には何とかなると思います。

興味がある方はこの機会に始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました