低用量ピル服用日記。マーベロン3ヶ月目の副作用と肌の様子

BEAUTY
スポンサーリンク

低用量ピル生活も、3ヶ月目に突入しました。

マーベロンの副作用と肌の調子を、ご報告します。

最初の2ヶ月の様子は、こちらでご紹介しています。

低用量ピル3ヶ月目:副作用は改善するも再開直後は眠い!

低用量ピル生活、3ヶ月目がスタート。

毎日アラームをセットしているので、飲み忘れもなく続けてます。

3ヶ月目(3シート目)の4日目に、ふと感じます。

死ぬほど眠い。

目を開けていられないほどの、すごい眠気を感じました。

1日中眠い。

お風呂に入ってさっぱりしたら起きるかと思えば、いやいや全然眠い。

「私は過眠症なのだろうか?」と思いググり始めて、思い出しました。

マーベロンの副作用ですね。

久々の症状で、すっかり忘れてました。

低用量ピル2ヶ月目も1週目に眠気がありましたが、

後半は眠気がおさまっていたので、すっかり忘れてました。

2週間くらいは、眠気などの症状が全くなかったので、症状のこと忘れてました。

低用量ピル3ヶ月目:2週目には眠気もおさまる

3シート目スタートし、最初の4日〜7日はとにかく眠かったです。

3日目くらいまでは眠気ないんですけど、4日目から急に来ます。

10日目くらいからは、体が慣れて眠気も治まりました。

2シート目の時は、3週目くらいから眠気がおさまったので、今回は症状がおさまるのがやや早いです。

今回は、低用量ピル1ヶ月目に感じた吐き気は頭痛など、他の症状は1日もありませんでした。

低用量ピル3ヶ月目:肌の調子は上々に

ピルの服用を始めた理由は、あごニキビでした。

もともと生理前にはニキビが口元に出来やすく、漢方を飲んでいました。

コロナでマスクをつけるようになって、生理前でなくても口周りが常に肌荒れするようになり、漢方ではもう抑えきれず。

そんなわけで、ピルの服用を始めました。

ピル生活2ヶ月半くらい(3シート目の中間くらい)で、

肌の落ち着きを感じるようになりました。

マスクの接触生皮膚炎で肌荒れも多少しますが、

ピルを飲む前のマスク生活の頃に比べたら、劇的にニキビはおさまってます

これ、マスクさえなかったら、肌が超綺麗なんじゃない?

と、期待が膨らむ感じです。

とりあえず、マスクをしなくちゃいけない間は、低用量ピルのお世話になりたいと思います。

低用量ピルはオンライン診断が便利

肌の調子は上々で、副作用にも慣れてきたので、低用量ピルは継続決定。

病院に行かずに低用量ピルを処方してもらえる、オンライン診断が便利です。

他にも通院理由がある場合は、病院に足を運んだ方が先生と色々と相談が出来て良いと思います。

低用量ピルだけが目的の場合は、オンラインはとってもオススメ。

ピルのオンライン診断は、初診はまずは電話で症状を話します。

問題がなければ、そのまま処方へとなります。

初めてのピル服用だったので、まずは3ヵ月分処方してもらいました。

問題がなければ、2度目からは電話での診察もなしで処方も可能です。

処方が進み決済が終わると、自宅にお薬が郵送されます。

今回は同じ種類を継続なので、6ヶ月分処方してもらいました。

タイトルとURLをコピーしました