母の日ギフトのマンネリ解消!飲めるお花「工芸茶」を贈ろう

LIFESTYLE
スポンサーリンク

5月の第2日曜日母の日です。

付き合いが長い相手だからこそ、毎年同じ様なものになってしまい、母の日のプレゼントは内容がマンネリ化しがちです。

原点に戻って、カーネーションと言う手もありますが、飾るお花のカーネーションではなく、2020年は実用的なカーネーションはいかがですか?

母の日にカーネーションを贈る由来は?

母の日は1910年にアメリカのウェストバージニア州で始まり、1914年には正式に「母の日」として制定されました。

アンナ・ジャービスという女性が、アメリカの南北戦争で負傷兵のケアに尽力したり、自分を苦労して育ててくれた母親を敬愛し、その母を敬う気持ちを後世にもつなげていきたいと、母親のための祝日を設ける運動を始めたのがきっかけです。

アンナの母は、白いカーネーションが好きだったので、母が亡くなった後の追悼式で参列者に白いカーネーションを配ったことから、カーネーションが母の日のシンボリックなギフトになりました。

日本で初めて母の日のイベントが開かれたのは明治末期頃であり、当時教会で行われたイベントによって、人々の間に広まったと伝えられています。

カーネーションの花言葉は、「女性の愛」や「感覚」、「感動」、「純粋な愛情」などで、色によって違う意味を持ちます。

赤いカーネーション

日本では、母の日に贈るカーネーションの定番色は赤です。

赤いカーネーションの花言葉は、「母への愛」母の愛」「純粋な愛」「真実の愛」などです。

白いカーネーション

母の日が始まるきっかけとなった白いカーネーション。

花言葉は「私の愛情は生きている」「尊敬」です。

ピンクのカーネーション

可愛らしいピンクのカーネーションの花言葉は、「感謝」「気品」「温かい心」「美しい仕草」です。

赤いカーネーションと同様に日本で選ばれやすいカラーです。

黄色のカーネーション

黄色のカーネーションは見た目にはヘルシーで華やかなですが、花言葉は「軽蔑」「嫉妬」なので、花言葉に詳しい方に贈る際には注意しましょう。

オレンジのカーネーション

オレンジのカーネーションの花言葉は「熱烈な愛」「純粋な愛」です。

青のカーネーション

遺伝子組み換えや白いカーネーションへの着色で作られる青いカーネーションの花言葉は、「永遠の幸福」です。

紫のカーネーション

古くから高貴な色とされる紫。

紫のカーネーションの花言葉は、「誇り」「気品」です。

実用的なカーネーション。食べられるカーネーションの工芸茶

お湯で花が開く、中国工芸茶はご存知ですか?

お湯を注ぐと花が開き視覚でも楽しめる中国工芸茶は、新芽を職人が1つ1つ丁寧に包み込んだ手作りのお茶です。

カーネーションを含む全10種類の花咲くお茶と、可愛い耐熱ガラスティーポットがセットになっています。

耐熱ガラスティーポットで、花が開く様子が目で楽しめます。

工芸茶1粒でポット約2杯分カップでは約6杯分と長く味わえます。

量もたっぷりなので、家族みんなで頂けます。

セットに入っている10種類の工芸茶はこちらです。

  1. カーネーション[萬紫千紅]
  2. 菊・茉莉花[東方美人]
  3. キンセンカ[金花彩彩]
  4. 菊・千日紅・茉莉花[茉莉仙子]
  5. 千日紅・百合[花開吉祥]
  6. 千日紅・茉莉花[一見鐘情]
  7. 百合・茉莉花[百合花籠]
  8. 菊・千日紅[花開富貴]
  9. マリーゴールド[萬寿富貴]
  10. 千日紅・茉莉花[心心相印]

実用的なカーネーションでご家族で食卓やリビングを囲んでみませんか?

私は、物欲のない母への母の日ギフトに悩んで、何年か前に工芸茶を贈りました。

母から「またあれが飲みたい」と珍しくリクエストを頂きました。

タイトルとURLをコピーしました